スポーツ
カジノ
96/100
評価
William Hill スポーツ ボーナス
100% まで $100
*****
William Hill スポーツに行く
ハイライト
  • ウェルカムボーナスあり
  • 日本の種目にベット可能
  • オファーが多数
94/100
評価
William Hill カジノ ボーナス
100% まで $300
*****
William Hill カジノに行く
ハイライト
  • 魅力的なボーナス
  • 出金上限額なし
  • ゲーム数が充実

ウィリアムヒルでベットする時のお役立ち情報!

歴史あるオンラインカジノ!-ウィリアムヒル-

ウィリアムヒルは、世界三大ブックメーカーの1つであり、創業は1934年と歴史が長いです。ロンドン証券取引所に上場しており、FTSE250を構成する1社でもあります。上場企業運営のオンラインカジノは信頼性抜群です。そんな老舗ブックメーカーで大勝ちを狙うならこちらから!

出金上限額の制限はなく、高額ベットが可能であり、ハイローラーにも人気のオンラインカジノです。カジノのゲーム数は約350と若干少ないですがライブカジノもあり、勿論目玉のスポーツベットも提供しています。ライブカジノで臨場感あるプレイや、スポーツベットで野球やサッカーの試合にも賭けられます。実際にプレイするときに参考になる内容を今回レビューします。

William Hill 利点・欠点
  • 初回限定の豪華ボーナス
  • 出金額に制限なし
  • 日本語対応のスマホサイト
  • VIP特別サービス
  • 決済方法がやや少なめ

ボーナス:ウィリアムヒルはキャッシュボーナスもあり

ウィリアムヒル ボーナスは、新規プレイヤーが初回入金したときに、150ドルまで150%のボーナスをもらえます。150に1.5倍のボーナスをプラスしてカジノをプレイできます。さらには50回のボーナススピンももらえるので、嬉しいサービスです。ボーナスを受け取るには、最低10ドル以上の入金が必要です。

出金時のキャッシュボーナスもあります。ecoPayzを使って出金した場合には、出金額の5%のキャッシュボーナスを受け取れます。オンラインカジノであれば、150ユーロ以上プレイした場合に、出金時のキャッシュボーナスは適用です。

使用感:スマホでも日本語対応

パソコン版のWEBサイトは、使いにくいです。金額はドルやユーロで場所ごとに表記通貨が違い、ボーナスの説明は小さい文字でわかりにくいです。カジノは、ブラウザで遊べるので、専用ソフトをダウンロードしてインストールする必要がなく手軽にプレイできます。スマホ対応版のカジノもあり、スマホ版は日本語対応です。スマホ用サイトは、内容がよくまとまっており見やすいです。

決済方法:日本人プレーヤーには少なめ

全般的な決済方法は充実しているのですが、日本居住の日本人プレーヤーのために用意されている入金方法と出金方法は少ないです。銀行送金は海外在住の方なら使用できます。またクレジットカードはカード発行会社によって利用制限があるケースが多いです。最近になって新しく、マッチベターでの入出金に対応しました。

入金

  • クレジットカード/デビットカード
  • ecoPayz
  • マッチベター
  • 銀行送金

出金

  • ecoPayz
  • マッチベター
  • 銀行送金

カスタマーサービス:日本語ライブチャットがグー!

カスタマーサービスは、メール、電話、ライブチャットの3つです。24時間対応しているので、いつでもサポートを受けられます。3つのサポートの中では、ライブチャットが素早い回答を得られます。どのサポート方法も日本語に対応しているので、外国語のわからない方でも安心だとウィリアムヒル 評判が良いです。

メールでのサポートは、返信の回答が早いです。William Hillの電話でのサポートは、最初に英語で対応するので、Japanese speaker please?と言って、日本語のサポートに変わってもらいましょう。

MGA+ジブラルタルのダブルライセンス

取得しているのは、イギリス海外領土の国であるジブラルタルが発行するライセンスです。ジブラルタルライセンスは審査基準が厳しく、厳格な審査をクリアしたオンラインカジノ運営元にのみ発行されます。

また2020年11月からはマルタMGAライセンスも保有しています。ダブルライセンスで更に信頼できるオンラインカジノになりました。

カジノゲームは、第三者機関であるGLIの認証を取得しています。GLIはキャッシュフローの透明性やゲームの公平性などの仕様を決める機関です。ゲームでの詐欺や不正はなく、安心してカジノをプレイできます。

VIP制度:招待されるまで待つべし

ロイヤリティ制度として、VIP制度を設けています。VIPになるには招待を受けないとならず、招待基準は公開されていません。利用頻度や掛金総額、ハイローラーなどの条件を複合的に判断して、招待されるようです。VIP特典は、専用キャンペーン、専用ハイローラーテーブル、優先的出金、限定イベントなどがあります。

William Hill スポーツベット

ウィリアムヒルならスポーツ以外もベット可

スポーツベットは、野球やサッカーのみならず、政治の出来事についても賭けられます。野球のパリーグやサッカーのJリーグも賭けの対象です。日本語のサイトがあり、日本語でのサポートを受けられます。サイトの操作性は悪いので、使いにくいと感じる人もいるでしょう。

オファーを活用してオッズを高くする手もあり

オッズは特別高いということはないです。オッズが高くなるようなオファーや制度があるので、これらを使うと高いオッズで賭けられます。オッズは小数点形式以外にも、分数形式もあるので、初めてこの形式を見る方は慣れるまで戸惑うかもしれません。

ライブストリーミングを観ながらベットしよう!

ライブベットとストリーミングがあります。試合を見ながらも途中で賭けられるので、試合を楽しみながら賭けも楽しめます。

ユニークな点

オッズが高くなる増強オッズと直前オッズがあります。オファーを受けると増強オッズになり、高いオッズで賭けられます。シングルベット制限です。直前オッズは、通常オッズよりも倍率が高くなり、試合開催直前のみ賭けられる仕組みです。

ウィリアムヒルスポーツベットプログラムまとめ

野球やサッカーなどのスポーツ、政治と賭けの対象ジャンルが多いです。サイトの使い勝手は若干悪いですが、メールやチャットでの日本語のサポートがあります。増強オッズや直前オッズを使えば、高い倍率で賭けられます。詳しく知りたい方は、日本のブックメーカー レビューなどを参考にしてください。

William Hill カジノ

信頼性の高い大手ソフトウェア配信会社採用

採用しているソフトウェアは、Playtechや人気ゲームの多いNETENTなどです。特にプレイテックは1999年にマン島で創業し、2006年にロンドン株式市場に上場しており、信頼性のあるソフトウェアを提供します。カジノのソフトウェアメーカーとしては、最大手の1つです。

幅広いゲームポートフォリオで満足

ゲームジャンルが多く、ジャックポット、ルーレット、カード、スロットがあります。人気のゲームを取りそろえているので、きっと気に入ったゲームが見つかります。

ライブカジノ:ゲームショーまであって種類が豊富

ライブカジノは、ルーレット、ブラックジャック、バカラ&シックボー、ポーカーと種類が豊富です。さらには、モノポリーライブやホイールオブフォーチュンのドリームキャッチャーなどと、ゲームショーのジャンルがあるのも特徴です。

ユニークな点:コンプポイントがあってお得

コンプポイント制度があります。カジノで10ドル賭けるごとに1ポイントが貯まり、貯まったポイントはボーナスやキャッシュに交換できます。その他にボーナスを保有していても、ボーナスキャンセルすればキャッシュを引き出せるので、その点は魅力あるポイントです。

ウィリアムヒルカジノプログラムのまとめ

信頼あるカジノのソフトウェアを採用しており、安心してプレイできます。ライブカジノもあり種類が豊富です。コンプポイント制度があり、ポイントを貯めるとVIPに招待される可能性が高まります。

結論

歴史あるオンラインカジノであり、信頼性が高いです。入出金方法は少ないですが、出金制限がないので、出金でわずらわしい思いはしません。公式サイトは少しわかりにくい部分があるので、初めてカジノをプレイする方は、使い勝手に慣れるまで時間がかかるでしょう。サイトの使い勝手はパソコン用よりもスマホ用の方が使いやすいです。オンライン カジノ スマホでプレイするとスムーズに遊べます。カジノ以外に、ライブカジノやスポーツベットと遊べる種類が多いです。

96/100
評価
William Hill スポーツ ボーナス
100% まで $100
*****
William Hill スポーツに行く
ハイライト
  • ウェルカムボーナスあり
  • 日本の種目にベット可能
  • オファーが多数

他のレビュー

Sport ボーナス
Casino ボーナス
上位スポーツブックサイト
上位スポーツブックボーナス
トップへ移動
閉じる
おすすめブックメーカー
William Hill
96/100
100% まで $100
ボーナスコード ***** ボーナスをゲット
×
ボーナスコード:
ボーナスオファーは既に別ウインドウに表示されています。もし表示されていない場合は下記のリンクをクリックしてください。
ゲームプロバイダーに行く