カジノ 税金支払い義務あり!そのボーダーは50万!?

オンラインカジノプレーヤーのあなた、確定申告も忘れないいようにしましょう!オンカジ初心者の悩ましさ、それは勝てない自分だけでなく、勝利を収めた際のオンラインカジノ 税金支払いについても同様です。

周りを見渡しても、カジノ 税金支払いを済ませた人はあまりいないので余計に分かりませんね。しかしオンカジ利用で知っておかなければならないならないのは、ボーナスの賭け条件だけでなく、カジノ税金支払い控除額、そして確定申告についても覚えておく必要があるのです。ここではオンラインカジノ 税金支払いや確定申告に焦点を当て、じっくりと解説しています。勝っておしまいではないオンカジ勝利。この記事の情報をしっかりと覚えておきましょう。お薦めオンカジも紹介していますので参考にどうぞ。

トップボーナス
$30 Free Bet
まで
7000¥
98/100
評価
Wildz ハイライト
  • 1スピンバックなど特殊機能がある
  • 2VIPプログラムが多い
  • 3入金不要ボーナスがある
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
50000¥
Wildz レビュー プロバイダーに行く
97/100
評価
Bet365 ハイライト
  • ウェルカムボーナスあり
  • ジャックポットスロットも有り
  • VIP制度あり
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
$100
Bet365 レビュー プロバイダーに行く
95/100
評価
Gambola ハイライト
  • キャッシュバックあり
  • 出金が速い
  • 賭け条件が緩い
Paysafecard
MGA - Malta Gaming Authority
まで
$25
Gambola レビュー プロバイダーに行く
94/100
評価
JackpotCity Casino ハイライト
  • 高額ボーナス
  • フリースピンなどのプロモ充実
  • 出金上限がない
PayPal
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
160000¥
JackpotCity Casino レビュー プロバイダーに行く
93/100
評価
Spin Palace ハイライト
  • 高額ボーナス
  • お得プロモが豊富
  • ポイントが貯まる
Paysafecard
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
100000¥
Spin Palace レビュー プロバイダーに行く
全てのプロバイダーを見る

オンラインカジノ税金の概要

結論から言ってしまうと日本のオンラインカジノ VIPのような人気オンカジから日本語非対応のオンカジまで、どんなサイトで遊んでも勝利金に応じたカジノ税金の支払いが義務付けられます。

これはオンカジだけでなく全ての公的ギャンブルに言えることですが、就労ではない一時所得(保険解約金、懸賞なども含む)として賞金は扱われる為、しっかり課税対象になってくるのです。つまりカジノ 税金支払いと同時に勝利金の額に応じた確定申告も済ませる必要があるということを意味しています。オンカジ好きの方もこのあたりの知識は曖昧な方が多いので、ルールの一つとして正しく認識する必要があります。

 

オンラインカジノ税金を知っておく利点はある?

オンラインカジノ 税金 日本における課税義務については、ひと時の恋と同じく盲目になりがちですが、カジノ 税金を納めることが健全なオンカジの遊び方。税金なんて払いたくないのが世の常、人の性ではありますが、オンカジ所得の課税義務には一つの利点があります。

オンラインカジノ日本の法律で義務付けられている通り、カジノ 税金支払いは特別控除額が設定されており、年間の勝利金から50万を差し引いた額が一時所得として課税対象になるということ。またカジノ 勝ち 税金の際の確定申告は70万円を超えなければ申告する必要がないので、その点は誤解なさらないでくださいね。

 

おすすめのオンラインカジノはズバリここだ!

カジノ法案が成立しランドカジノ開設が待ち遠しい昨今ですが、まだまだ先の話なのでまずはカジノ税の存在を念頭に置きながら、人気オンカジで運試しをしてみませんか?

ワンダリーノ

最高級のロイヤルティ制度、そしてクリアでアドベンチャー要素が詰まった世界でオンカジプレイ!ワンダリーノはデイリートーナメントも充実で初心者にも大人気。

チェリーカジノ

日本でも知名度を上げてきたチェリーカジノは1963年にまで歴史を遡るカジノ業界の超老舗。オンカジ界の受賞歴も多数、独自のオリジナルYotubeチャンネルも充実しており、チェリーファンは急増中。

 

オンラインカジノ税金のこれまで

カジノ 税金の支払い義務があることが判明しましたが、ここでは今後のカジノ税についての動向も少しだけ覗いてみましょう。個々人のオンカジ利用者の納税義務は前述の通り50万、確定申告提出は70万がボーダーになっていますが、カジノ運営者によるカジノ 税金は納付金として支払いが必須になります。

合法カジノ誘致で大きな成功をもたらしたシンガポールの例にとり、日本の場合も30%程度のカジノ税金が発生すると考えられています。これはあくまで運営者に対するものなので、私達には直接的に大きな影響はありません。

ただし前述の通り、カジノができた場合は6000円の入場料支払いが義務付けられる予定なので、それプラス賞金によってカジノ 税金 日本の支払い義務が生じるとなると、やはりオンラインカジノの方がフットワーク軽く出費を抑えて遊べそうですね。当分の間はオンラインカジノ、モバイルカジノで遊ぶ日々が続くことになりそうです。

 

知りたい!オンラインカジノ税金の攻略法

オンラインカジノ 勝ち 税金なんか払いたくない、何とかして税金逃れという攻略法を編み出せないかと要らぬ知恵を絞り出そうとする方はきっと多いはず。しかし無料カジノ ゲームを除いたリアルマネーのプレイによる賞金の控除は、あくまで50万円まで。

日本 カジノ 税金の支払いを免れる手段として、負けた金額をカジノ 税金の一部として計算すればいいはずです。しかしながらオンラインカジノの税金に関しては勝った場合のみに適応され、カジノ 税金支払い免除を狙う為の損失金は計算に入れてはならない事実があります。

つまるところ年間の勝ち負けの額ではなく、カジノ税金は利益のみを対象に支払う必要がある為、カジノ 税金 日本の支払いを軽減する裏技攻略法は残念ながら存在しないということです。オンラインカジノ税金を考慮に入れながら、自分のプレイ時間や日時に制限を作ることも、一つの節税になってくるのでしょうね!

 

オンラインカジノ税金に関するFAQ

オンラインカジノの税金について、よくある質問と回答をまとめてみました。

⭕カジノ 税金は払うのにパチンコ税金はなぜ支払わないの?

最高の日本のオンラインカジノでGETした賞金もパチンコの換金も課税対象です。しかし競馬などは金融機関を通じての支払いがなくその記録が残らない為、殆どの方は税金支払いをしない矛盾が生まれるのです。

⭕オンラインカジノ 税金の確定申告で会社にバレる?

オンカジのルーレットなどで大当たりし、確定申告の必要性がある場合、会社にバレる可能性がありますが確定申告書2面にある「その他所得にかかる住民税の徴収方法」を自分で納付にチェックをすればOK!

⭕カジノ 税金支払いの確定申告には何が必要?

新しい日本のオンラインカジノ等でプレイし確定申告が必要な場合、企業から受け取る源泉徴収票、オンカジ側から発行された支払調書、経費の領収書が必要です。なおベット金額は経費として認められます。

 

まとめ

カジノ 税金はオンラインカジノ利用者にとっての死角。年間で得た賞金が70万円を超える場合は確定申告が必要になり、50万円までは控除対象になること、これはカジノ 税金の基本なので忘れてはなりません。オンラインカジノ 税金なんてわざわざ払いたくない、黙っていれば大丈夫!または色々なカジノ税支払い逃れの脱法を模索する方もいますが、カジノ税金支払い免除の例外はありません。

今後設立されるランドカジノもオンラインカジノ同様にしっかりカジノ税が課税対象になってくるので、あくまで堅実にそして正しくカジノ税金を納めて最高のギャンブルを楽しみましょう。

上位オンラインカジノ
上位カジノボーナス
上位スポーツブックサイト
上位スポーツブックボーナス
トップへ移動
閉じる
おすすめギャンブルサイト
×
ボーナスコード:
ボーナスオファーは既に別ウインドウに表示されています。もし表示されていない場合は下記のリンクをクリックしてください。
ゲームプロバイダーに行く