ビットコインカジノのメリットや他の決済との違いは?

ビットコインは世界的な市場を持つ仮想通貨で、ビットコイン決済可能なビットコインカジノは年々増えています。オンラインカジノでビットコインを使うことにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

この記事ではビットコインの歴史やオンラインカジノで決済方法として使えるようになるまでの手順、他の支払い方法との比較、本人確認、入金・出金にかかる時間、使うメリット・デメリットについてなど、詳しく解説しています。オンラインカジノでのビットコイン使用についてのよくある質問もあります。この記事でビットコイン決済を決めたプレーヤーは、ベタスティックおすすめのオンカジで運試ししちゃいましょう♪

今月のおすすめカジノ
トップカジノ
97/100
95/100
94/100

おすすめのオンラインカジノ

97/100
評価
LeoVegas ボーナス
まで 56000¥ 入金ボーナス
LeoVegas ハイライト
  • 上場企業が運営するカジノ
  • 賭け条件0のフリースピン
  • 驚嘆のマルチプレイ機能
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
まで
56000¥
LeoVegas レビュー
***** プロバイダーに行く
95/100
評価
Bet365 ボーナス
100% まで $100
Bet365 ハイライト
  • ウェルカムボーナスあり
  • ジャックポットスロットも有り
  • VIP制度あり
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
$100
Bet365 レビュー
***** プロバイダーに行く
94/100
評価
Wildz ボーナス
100% まで 50000¥
Wildz ハイライト
  • 1スピンバックなど特殊機能がある
  • 2VIPプログラムが多い
  • 3入金不要ボーナスがある
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
50000¥
Wildz レビュー
***** プロバイダーに行く
93/100
評価
Casino Gods ボーナス
100% まで $300
Casino Gods ハイライト
  • 神々からのボーナスオファー
  • 年中無休の日本語サポート
  • ベテランチームによる安心運営
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
$300
+ 200 フリースピン
Casino Gods レビュー
***** プロバイダーに行く
92/100
評価
Videoslots ボーナス
100% まで 20000¥
Videoslots ハイライト
  • ウェルカムボーナスがお得
  • 初回入金フリースピンあり
  • 出金が迅速
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
20000¥
Videoslots レビュー
***** プロバイダーに行く
91/100
評価
Gambola ボーナス
まで $25
Gambola ハイライト
  • キャッシュバックあり
  • 出金が速い
  • 賭け条件が緩い
EcoPayz
MGA - Malta Gaming Authority
まで
$25
Gambola レビュー
***** プロバイダーに行く
89/100
評価
Spin Palace ボーナス
100% まで 100000¥
Spin Palace ハイライト
  • 高額ボーナス
  • お得プロモが豊富
  • ポイントが貯まる
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
100000¥
Spin Palace レビュー
***** プロバイダーに行く
89/100
評価
Lucky Niki ボーナス
100% まで $999
Lucky Niki ハイライト
  • 日替わりでボーナス獲得
  • 飽きない2000種類のゲーム
  • 安心の日本語サービス
PayPal
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
$999
Lucky Niki レビュー
***** プロバイダーに行く
88/100
評価
Vera&John ボーナス
100% まで $1000
Vera&John ハイライト
  • 登録するだけでもらえるボーナスあり
  • 高額入金ボーナス
  • 仮想通貨対応
クレジットカード
Curacao
100% まで
$1000
Vera&John レビュー
***** プロバイダーに行く
88/100
評価
William Hill ボーナス
100% まで $300
William Hill ハイライト
  • 魅力的なボーナス
  • 出金上限額なし
  • ゲーム数が充実
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
$300
+ 50 フリースピン
William Hill レビュー
***** プロバイダーに行く
全てのプロバイダーを見る

ビットコインカジノ: ビットコイン購入から入金までのステップ

(1)ビットコインを仮想通貨取引所で購入

仮想通貨取引所で取引をするためには取引所に登録しなければなりません。この時基本的な個人情報が必要になります。ビットコインを決済手段のメインにしているオンラインカジノ( ビットコイン カジノ)は、匿名登録ができることが少なくありません。オンラインカジノに匿名登録しておくと、オンラインカジノには個人情報の記録は残りません。しかし、取引所は基本的な本人確認書類が必要になります。取引所に正確な個人情報を提出しておくことは、あなたがビットコインを正当な取引で手に入れていることの証明になります。

(2)本人確認書類を提出

用意した本人確認書類の写真を撮って画像を所定の場所にアップロードします。このとき、画像を加工した痕跡があれば、取引所サイドから拒否、または、追加の資料提出を求められる可能性があります。

(3)ビットコインを購入

ビットコインには相場があるのでその時の相場で価格が変わります。ビットコインを日本円で買う場合、為替差損益が出ます。ビットコインをうまく使うためには、ビットコイン相場に気を付けてビットコインが安い時に買うとお得です。

(4)ビットコインが使えるオンラインカジノ(ビットコインカジノ)を探す

「ビットコイン オンラインカジノ」や「仮想通貨 カジノ」でインターネット検索するとビットコインが使えるオンラインカジノが見つかります。

(5)ビットコイン カジノに登録

ここでも基本的な個人情報を入力して本人確認書類を提出します。ビットコイン主流のオンラインカジノには、匿名登録可能なところもあります。ただし、出金時に金融機関から本人確認を求められることはあります。仮想通貨 カジノ の言えどもこれを拒否することはできないのです。

(6)入金ページに移り入金額を入力

ビットコインそのほかの仮想通貨 カジノ 入金するときには、サイト内通貨にざっくりとあたんの中で換算しておくことを進めします。

(7)使用通貨はビットコインを選択、ビットコイン オンラインカジノ入金画面に移る

ビットコインカジノのシステムでは、決済手段としてビットコインを認めていても、カジノ内通貨はドル($)やユーロ(€)のことも少なくありません。そんな場合には、カジノ内通貨との為替差損益がでます。この場合には、ビットコインが高い時に入金するとお得です。

(8)ビットコインアドレスを入力して入金ボタンを押して入金完了

オンラインカジノ登録を優先する場合

・ビットコインが買えるオンラインカジノ

ビットコインカジノの中には、オンラインカジノ自身がビットコインを売っていることがあります。このようなオンラインカジノを利用するときには、仮想通貨取引所への登録は必要なくなります。

・サイト内から仮想通貨取引所にジャンプできるオンラインカジノ

また、オンラインカジノから仮想通貨を買えなくても、オンラインカジノサイトから仮想通貨取引所にジャンプできるサイトもあります。その場合には、オンラインカジノ ビットコインに登録してから仮想通貨取引所に登録することになります

ビットコインカジノ: 入金・出金は迅速?

仮想通貨でのオンラインカジノ 入金は一般的な法定通貨の入金よりは多少時間がかかります。法定通貨の場合、オンラインカジノに着金するのは、ほとんど即時です。ビットコインの場合には早くても数分はかかってしまいます。

出金ではオンラインカジノサイトの手続きは、法定通貨も仮想通貨も即時~24時間程度です。法定通貨の場合には数分から3,4日程度で着金します。しかし、ビットコインの場合には着金には1~5日程度かかります。

ビットコインはブロックチェーンという情報システムに組み込んで流通させます。ブロックチェーンに出金情報や入金情報を組み込むのに多少の時間が必要になるのです。

ブロックチェーンって何?

ビットコインを流通させているのはブロックチェーンというシステムです。国際的な信用も厚く、透明性や安全性も非常に高いといわれています。その名の通り、情報を分散して複数のブロックを作り、複数のサーバーに保存するため一か所を盗んだり改ざんしてもほかのサーバーの情報が盗まれた情報を補填したり改ざんされた情報を補正したりできるため、情報が壊れるリスクが少ないのが特徴です。

不正利用されるリスクが少なく、情報を盗まれて解析されるリスクが低いので安全性が高く、なおかつ透明性も高いので国際的に信頼度が高いシステムです。

ビットコインカジノ:本人確認はなぜ必要?なにが必要?

ビットコインは仮想通貨取引所で買えます。仮想通貨取引所の初回取引には必ず本人確認が必要です。面倒ですよね。どうして仮想通貨取引所では本人確認が必要なのでしょうか?

仮想通貨取引所で本人確認が必要な理由

2017年4月に改正資金決済法が施行され、仮想通貨取引所がに登録制が導入されました。それ以前は仮想通貨は匿名で簡単にやり取りできました。匿名であることを悪用した、不正な取引、特にマネーロンダリングに利用されることが非常に多かったのです。

そのため。法律が改正され仮想通貨取引をするためには、仮想通貨取引所に登録することが義務付けられました。登録は実名でなければなりません。そして、実名であることを証明するために本人確認書類が必要になったのです。

仮想通貨の取引が法的に規制を受けるようになったことで、本人確認という少し面倒なな手続きが増えました。しかし。このことで、仮想通貨を取引する人が、法的な保護を受けられるようになったのも事実です。仮想通貨の取引の経過の中で、なんらかの犯罪被害にあった時も、実名登録して取引記録が残ることで守られる可能性も高くなるのです。

本人確認に必要な書類

本人確認には、住所氏名年齢が記載され、顔写真が乗っている公的機関が発行した証明書が必要です。以下の書類なら単独で本人確認できます。

・  運転免許証

・ 運転経歴証明書

・  旅券(パスポート)

・マイナンバーカード

・ 在留カード・特別永住者証明書

・身体障害者手帳など

以下の書類の場合には本人確認書類と認めない取引所もあります。認める場合には、このうちの二種類の書類が必要になります。

・健康保険証

・住民票の写し

・印鑑登録証明書

・源泉徴収票

・納税証明書

合計二つの書類が必要です。

まれに、そのほかの書類を要求されることがあります。

これらの書類は、匿名登録を認めていないビットコインカジノへの登録のときにも必要になります。また決済機関のアカウント作成にも必要です。画像データーを常備しておくと便利です。ただし、どのデータも期限つきなので期限が来たら更新するようにしましょう。

本人確認書類の提出方法

まずは、本人確認の書類を用意しスマホで撮影します。

撮影は裏表両方必要です。画像は加工してはいけません。また、四隅が折れていてもよくありません。本人確認書類の画像を仮想通貨取引所が指定する場所にアップローします。

送信ボタンをクリックしたら、審査結果を待ちましょう。

本人確認は書類をそろえるのが面倒ですが、提出作業そのものはとても簡単です。

ビットコインカジノ: ビットコインの歴史

2008年10月、サトシ・ナカモトが「ビットコイン」という9ページの論文をネット上に投稿しました。その論文の内容こそが、仮想通貨の基礎理論でした。サトシ・ナカモトの論文では、ブロックチェーンという新しい情報管理技術でした。この情報管理技術こそが仮想通貨理論の始まりでした。ビットコインの発行上限数を2100万枚と決定することで希少性が生まれました。

サトシ・ナカモトは名前だけを聞くと日本人のようですが、実際には個人は特定できていません。研究グループの名前である可能性もあります。

2009年ビットコイン運用開始

2010年に初めての売買が行われ、ビットコインが実質的な市場価値をもちました。

2013年 中国IT大手バイドゥが自社サービス購入の対価にビットコインを受け入れました。    米国上院委員会の公聴会でビットコインの合法性が認められました。

2014年 マウントゴックス事件が起きました。世界最大級のビットコイン交換所であるマウントゴックスがハッキングを受けて訳470億円分のビットコインが流出しました。マウントゴックスの本拠地が日本であったため、事件の被害者が海外から来日するような事態になりました。現在も真相は解明されていません。マウントゴックスのCEOが犯人ではないかとの憶測もあります。

2017年 ビットコインキャッシュが誕生

ビットコインは爆発的に普及したためブロックチェーンの取引データ処理が追いつかない状態になりました。そこでビットコインを分裂させて新しい仮想通貨を誕生させたのです。それがビットコインキャッシュです。ビットコインから派生したため、ビットコインとよく似た性質を持っています。発行上限数はビットコインと同じ2100万枚です。

2018年ビットコインキャッシュがビットコインキャッシュABCとビットコインSVに分裂しました。

サトシ・ナカモトの保有数

ビットコイン開発当初はサトシ・ナカモトが一人で新たなブロックを生成し、その報酬として仮想通貨を手に入れていました。そのためサトシ・ナカモト一人で約70万BTCを保有しているのではないかと言われています。日本円換算して2兆円程度になるので、もし、サトシ・ナカモトが放出するとビットコイン相場に大きな影響が出るのではないかと憶測されています。

ビットコインカジノ ビットコインを使うメリットはある?

ビットコインは今や世界的に通用する仮想通貨なので、扱う仮想通貨 カジノも増えています。オンラインカジノでビットコインを使うとどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

ビットコイン カジノのメリット

ビットコイン取引は銀行などの金融機関や決済代行機関などを経由しません。そのことが様々なメリットを生みます。

  •  24時間365日取引できるエコペイズやスティックペイなどのeウオレットも同じように時間を選びませんが銀行送金の場合には、手続き時間によっては翌日扱いになることがあります。ビットコインには、時間を気にする必要は全くありません。
  •  送金手数料が安いオンラインカジノの場合、入金はほとんどの場合手数料無料ですが、出金の時には手数料が必要な場合があります。
  •  匿名登録ができるクレジットカードやeウオレットでは匿名登録できません。必ず、オンラインカジノのアカウント名とクレジットカードやeウオレットの名義が同一であることが必須条件になります。また、クレジットカードやeウオレットではオンラインカジノからの出金時には本人確認があります。ビットコイン カジノでは、匿名登録を認めるところがあります。

ビットコイン カジノのデメリット

・大きな価格変動が起こる可能性がある

法定通貨も価格変動は起きますが、ビットコインの変動ほど大きなものではありません。そもそも、ビットコインは価格変動を利用して差益をえるために多くの投資家が注目して普及したものです。通貨としての不安定さこそがビットコインの真骨頂でもあるのです。ビットコイン自体がギャンブル性を含んでいるのです。

・国によっては違法になることもある

ビットコインは今や世界的に認められた仮想通貨ですが、合法とする国でも何らかの規制をかけていることが多いものです。現在ビットコインを非合法としているのは世界でも少数派で世界の中で約10か国と言われています。大きな制限をかけている国のなかに中国とインドがあります。どちらも大国で人口規模が大きいのでビットコインの相場価格や流通におおきな影響をおよぼします。

・取引に時間がかかる。

仮想通貨は取引に若干の時間がかかります。特にビットコインカジノへ入金するときに、その差がはっきり出ます。たとえばエコペイズやスティックペイなどで入金すると、ほとんど即時に入金します。ビットコイン オンラインカジノの場合には早くても5分程度、場合によっては24時間程度かかることもあります。

そのため取引の修正も効きにくく、取引のキャンセルができません。ビットコインは匿名性の高い取引なので、アドレスを間違って送金してしまった場合にも、送金先への請求がしにくいのが現実です。ビットコインの取引においてはアドレスが命綱のような役目を果たします。ビットコインカジノの規約には必ずと言っていいほど、「アドレスを間違って起きたご送金は修正不能でカジノサイドでは責任が取れない。」と明記されています。

・後払い方式がない

オンラインカジノ マスターカードやビザのような後払い式クレジット方式ははありません。オンラインカジノ デビットカードのように口座残高から直接オンラインカジノへ入金します。そのため手持ち資金以上にカジノにつぎ込む心配はありません。一方でチャンスが来ても手持ち資金がなければ賭けることができなくなります。

ビットコインのサイト内購入

ビットコインは現状、日常生活には使いにくい通貨です。従来からビットコイン投資をしている人なら、自分の保有するビットコインで仮想通貨 カジノ に入金できます。しかし、普段からビットコインを保有していない人は、まずはビットコインの購入から始めなければなりません。

これが面倒だと感じる方のために、一部のオンラインカジノでは、サイト内でビットコインを購入できるシステムを導入しています。オンラインカジノサイト自身がビットコイン他の仮想通貨を販売する場合と、サイト内リンクから仮想通貨取引所へジャンプできる方式があります。

このようなサイトをお探しなら、「ビットコインカジノ」というクエリでインターネット検索してみてください。驚くほどたくさんのサイトが検出されます。今やビットコインを受け入れるカジノが主流になりつつあります。

ビットコイン以外の仮想通貨を認めるオンラインカジノも増えました。もし、仮想通貨全般に関心があるのなら、「オンラインカジノ 仮想通貨」で検索するとさまざまな仮想通貨 カジノ サイトが見つかります。

 ビットコインを受け入れる決済機関

ビットコインが徐々に生活の中で使われるようになってきた今、多くの決済機関がビットコイン対応できるようになりました。決済機関の対応方法は二通りあります。一つは、ビットコインをうけいれて、そのままビットコインとして決済する方法です。もう一つはビットコインを受け入れてから法定通貨に換算して法定通貨として決済する方法です。法定通貨に換算する方法の時には、換算時に為替差損益が出ます。日本で使えて、ビットコインに対応している決済機関は以下の通りです。

★エコペイズ ★スティックペイ ★アストロペイ ★アイウオレット ★マッチベター

★ペイパル ★bitFlyer VISA プリペイドカード ★マスターカードなど、

これ以外の決済機関もぞくぞくと仮想通貨対応し始めています。

ビットコインカジノ ビットコインが使えるおすすめカジノ

ビットコインは仮想通貨とはいえ、その存在感は増すばかりです。特にオンラインカジノの決済手段としては利便性も高いのでビットコインカジノは今後も増えるでしょう。ここではおすすめビットコインカジノを3つご紹介します。

日本で最も愛されているビットコインカジノ ベラジョンカジノ

日本で最も人気があるといわれているのがベラジョンカジノです。日本語サポートの品質がいいので英語ができなくても安心です。日本向けプロモーションが多いのも大きな特徴。ベラジョンでは入出金方法の欄にビットコインを明記しています。ベラジョン公式サイト内の決済方法の一覧表に記載されているのがCryptoです。

Crypto.comはマルタ金融サービス庁のライセンスを取得しています。仮想通貨決済プロバイダーで、マルタ金融庁ライセンスを取得したのはCrypto.comが世界初です。このライセンスを取得したことによってCryptoは世界的に認められる信用度を手にれることになりました。同時に非常に厳しい安全性、管理体制、法令の遵守などの規制を受けることになります。そのためCryptoは非常に安定性の高い決済機関と言えます。ビットコインカジノにはとても便利です。

ベラジョンでCryptoを選択すると仮想通貨全般の決済に対応しています。ただし、カジノ内通貨は$なのでボーナスや勝利金は$でアカウントにたまっていきます。豊富なゲーム数、比較的緩やかな出金条件など、ビギナーにやさしいサービスが特徴です。ライセンスはキュラソーです。

日本人に優しいサービスがいっぱい!ラッキーニッキー

ラッキーニッキーも日本で人気のあるオンラインカジノです。日本語サポートが充実しているので気軽にプレイできます。マルタライセンスを持つ信用のあついオンラインカジノサイトです。ラッキーニッキー公式サイトには決済方法の説明に「ビットコインなど豊富な決済手段」と明記されていますが、決済手段のページにジャンプすると、ビットコインは記載されていません。

じっくり読んでみると、マッチベターの説明文に「MuchBetterからの引き出し方法も銀行送金・ビットコイン等のクリプトもご利用いただけます。」と記載されています。直接ビットコインを受け入れるというよりも、ビットコインを受け入れる決済機関を利用してビットコイン入金ができるということです。

ビットコインカジノの一つのスタイルと言えるでしょう。ラッキーニッキーのサイト内通貨はEUR(ユーロ)、GBP(イギリス・ポンド)、USD(アメリカドル)、CAD(カナダ・ドル)など合計9か国の通貨に対応します。残念ながら日本円はありません。ラッキーニッキーのライセンスはマルタです。

NetBet

NetBet はスポーツブックとカジノを併設しているオンラインカジノサイトです。完全日本語対応のサポートなので安心して利用することができます。高額ウェルカムボーナスが特徴でスポーツブックには入金不要ボーナスもあります。しかも出金上限なしというハイローラーにうれしいサービスもあります。

NetBetの決済の説明ページにはビットコイン決済の欄はありません。NetBet がビットコインカジノ(ビットコイン ブックメーカー)であるとは言いにくいのですが、ビットコインでNetBet へ入金するのは意外に簡単です。

NetBet使える決済手段は、VISA、Mastercard、JCB、ecoPayz、VenusPoint、iWallet、AstroPayです。この中でecoPayzは入出金対応可能でオンラインカジノで広く普及しているeウオレットです。手数量は無料、入金の所要時間は最大で24時間入金限度額は$10~$10,000です。

ecoPayへビットコインを入金しておけば、簡単にNetBet へ入金できます。NetBet の入金ページからecoPayzを選択し、ecoPayzサイト内でビットコインを選択するだけです。公式ホームページの決済手段にビットコインなどの仮想通貨を載せていなくても決済手段のは選び方で ビットコイン ブックメーカーとして使えるサイトはたくさんあります。NetBet のサイト内通貨は$、ライセンスはマルタです。

ビットコインカジノ:ビットコインと相場の話

ビットコインは作られた目的そのものが投資でした。発行枚数2100万枚と固定することによって希少価値を生むように設計されたものです。価格変動によって、売買のたびごとに損失または利益が生まれます。少額ベットのうちはあまりわかりませんが、ハイローラーになって一回に賭ける金額が大きくなると、この損失や利益が見逃せないものになります。

損失や利益が出るタイミング

どの通貨でも違う通貨に変換されるときには利益または損失が出ます。例えば、日本からアメリカへ旅行に行くときには、日本円をアメリカ$に変えます。この時、円高ならアメリカ$がたくさん買えるので得をします。逆に円安の時に、アメリカ$を買うと損をすることになります。ビットコインも高いタイミングで他の通貨に変えると利益が出ますが、安い時に他の通貨に変えると損をしてしまうのです。一般的に法定通貨よりも仮想通貨のほうが変動が激しいので、入金や出金のタイミングで損得が出てしまいます。

オンラインカジノの通貨

オンラインカジノの取り扱い通貨には、入出金の際の通貨とサイト内通貨があります。取り扱い通貨が多いオンラインカジノはとても利便性が高いのですが、サイト内通貨も同じくらいの種類に対応しているオンラインカジノは稀です。入出金の取り扱い通貨で日本円OKで、サイト内通貨も日本円OKなら、入金して賭けるときにも相場による損失も利益もでません。出金の際に相場による損得はでません。

ところが、入金は日本円でも賭けは$や€なら、賭けるときには相場による利益や損失が出ます。そして、$で勝利金を得て日本円で出金すると、ここでも相場による利益や損失が出ます。これはどのオンラインカジノでも避けて通れないことです。

ビットコインカジノも同じことが言えます。ビットコインで入金してビットコインで賭け、勝利金もビットコイン、出金もビットコインならどのタイミングでも相場による損失や利益は出ませんが、サイト内通貨が$や€の場合には賭けるときにも、出金の時にも相場による利益や損失は出ます。

オンラインカジノの利用規約には、通貨の相場はサイト独自の相場を適用すると明記されています。もちろん、一般的な相場と大きく違うようなことは許されないので市場相場に近いものが適用されています。

相場勘をつけよう

ビットコインは相場変動の激しい通貨です。ビットコインカジノを利用しながら、相場勘をつけていきましょう。ハイローラーになって大きな賭けをするときには、その相場勘が大いに役に立ちます。

オンラインカジノ ビットコインを使うメリットはある?

ビットコインは今や世界的に通用する仮想通貨なので、扱うカジノも増えています。オンラインカジノでビットコインを使うとどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

メリット

ビットコイン取引は銀行などの金融機関や決済代行機関などを経由しません。そのことが様々なメリットを生みます。

  • 24時間365日取引できます。
  • 送金手数料が安くすみます。
  • 匿名取引ができます。
  • 少額取引が可能です。(ビットコイン取引所の一般的な取引単位は0.0001BTCからです。)

デメリット

  • 大きな価格変動が起こる可能性があります。
  • 国によっては仮想通貨は違法になることもあります。
  • 取引のキャンセルができません。
  • 日本のカジノ 仮想通貨は取引に若干の時間がかかります。
  • マスターカードやビザのような後払い式クレジット方式ははありません。

ビットコインが普及した要因の一つは価格変動が大きいことです。貨幣としては不安定ですが、うまく運営すれば大きな差益を生むので投資対象として人気があるのです。カジノでも積極的にビットコインを受け入れるカジノが増えています。また一部のオンラインカジノでは、サイト内でビットコインを購入できるシステムを導入しています。「BTCカジノ ビットコイン」というクエリでインターネット検索してみてください。驚くほどたくさんのサイトが検出されます。今やビットコインを受け入れるカジノが主流になりつつあります。

ビットコイン以外の仮想通貨を認めるオンラインカジノも増えました。もし、仮想通貨全般に関心があるのなら、日本のカジノ 仮想通貨で検索するとさまざまな仮想通貨が使えるサイトが見つかります。

ビットコインカジノについてのFAQ

ここではビットコインを使ってカジノへの入出金することに関する、よくある質問を集めました。

🎯ビットコインはどこで購入するの?

  ビットコインは仮想通貨取引所で売買されています。インターネットで調べると簡単に見つけることができます。また、BTCXE社と提携しているビットコインカジノでは、カジノサイトからオンラインカジノ クレジットカードで購入したビットコインが自動的にオンラインカジノへ入金されます。

🎯 ビットコインカジノで出金申請してから着金までどれくらいかかりますか?

  ビットコインカジノのサイト内処理は遅くとも24時間以内に完了します。利用する決済サイトによって、即時~5日程度まで様々です。オンラインカジノ 出金 早いサイトなら10分程度で着金することもあります。ビットコインは法定通貨と比べると多少時間がかかります。

🎯 クレジットカードで入金しビットコインで出金することは可能?

  オンラインカジノ visaなどのクレジットカードを入金手段として、出金手段にビットコインを選ぶことができるカジノはあります。しかし、入金したお金をプレイせずにそのままビットコインアドレスに戻してくれるビットコインカジノはほぼありません。

🎯ビットコインカジノ ビットコインが使えるカジノは匿名や偽名で登録できる?

オンラインカジノは基本的には実名登録ですが、新しいオンラインカジノスタイルであるビットコインカジノは匿名登録を認めることがあります。しかし、第三者機関から本人確認を要求されたら、証明書類を提出しなけれなりません。匿名はありえますが偽名登録はありえません。もし、偽名がばれた場合にはアカウントはブロックされて、アカウントの現金残高は戻ってきません。

🎯ビットコインカジノ ビットコイン取引所の本人確認は必須?

  本人確認は必須です。日本のオンラインカジノ 法律で定められています。マネーロンダリングなどの犯罪を未然に防ぐための法律です。

まとめ

以前はビットコインは国際的には安全性、合法性ともに不安定な面がありました。しかし、近年になって、ビットコインの存在感は確固たるものになってきました。実際、中米エルサルバドルではビットコインが法定通貨として認められました。一方で、海外にはビットコインを法的に認めていない国もありますがごく少数です。日本では合法です。

もともと、投資目的で開発された通貨なので相場による損得が出やすいという特徴があります。その面をうまく利用して投資しながらオンラインカジノを楽しめばお得な通貨になると思われます。利便性が高いのでビットコインカジノで使うにはとても重宝します。

現在オンラインカジノのすべてがビットコインがOKではないところが残念なところです。しかし、多くの決済機関がビットコイン対応になってきているので、実質的にはビットコインを使えないカジノはなくなってきています。

カジノ内通貨にビットコインが使えるようになるとビットコインの相場リスクは低くなります。相場リスクは言葉を換えれば相場チャンスともいえます。リスクが低いのはいいのですが、チャンスがなくなるのは残念です。今後の行方を見守りましょう。

上位オンラインカジノ
上位カジノボーナス
上位スポーツブックサイト
上位スポーツブックボーナス
トップへ移動
閉じる
×
ボーナスコード:
ボーナスオファーは既に別ウインドウに表示されています。もし表示されていない場合は下記のリンクをクリックしてください。
ゲームプロバイダーに行く