オンラインカジノの法律上の問題を徹底検証!

日本では公営ギャンブルをのぞくギャンブルは法律的に禁止されています。オンラインカジノのを心置きなく楽しむためには、オンラインカジノ 法律がどのようになっているのかを、しっかり確認しておきたいところです。

ギャンブル禁止とはいえ、パチンコ屋は大繁盛。また、IR法案が可決されランドカジノも一部を合法とするようになりました。以前オンラインカジノユーザーが逮捕されたことがありましたが、結局違法性がなく不起訴となりました。この逮捕劇がオンラインカジノには違法性がないということを社会に知らせることになりました。オンラインカジノ 合法と納得出来たら、世界でトップクラスの安全性と信頼性を誇るウィリアムヒルへGO!

トップボーナス
$30 Free Bet
まで
7000¥
97/100
評価
LeoVegas ボーナス
まで 56000¥ 入金ボーナス
LeoVegas ハイライト
  • 上場企業が運営するカジノ
  • 賭け条件0のフリースピン
  • 驚嘆のマルチプレイ機能
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
まで
56000¥
LeoVegas レビュー
***** プロバイダーに行く
95/100
評価
Bet365 ボーナス
100% まで $100
Bet365 ハイライト
  • ウェルカムボーナスあり
  • ジャックポットスロットも有り
  • VIP制度あり
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
$100
Bet365 レビュー
***** プロバイダーに行く
94/100
評価
Wildz ボーナス
100% まで 50000¥
Wildz ハイライト
  • 1スピンバックなど特殊機能がある
  • 2VIPプログラムが多い
  • 3入金不要ボーナスがある
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
50000¥
Wildz レビュー
***** プロバイダーに行く
93/100
評価
Casino Gods ボーナス
100% まで $300
Casino Gods ハイライト
  • 神々からのボーナスオファー
  • 年中無休の日本語サポート
  • ベテランチームによる安心運営
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
$300
+ 200 フリースピン
Casino Gods レビュー
***** プロバイダーに行く
92/100
評価
Videoslots ボーナス
100% まで 20000¥
Videoslots ハイライト
  • ウェルカムボーナスがお得
  • 初回入金フリースピンあり
  • 出金が迅速
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
20000¥
Videoslots レビュー
***** プロバイダーに行く
全てのプロバイダーを見る

オンラインカジノ 法律的な位置付けは?

結論から言うと日本ではオンラインカジノ 合法です。現在の日本でギャンブルは違法と思われがちですが、日本でも合法的にギャンブル事業が行われています。

オンラインカジノ 法律: 日本のギャンブル 法律

確かに日本国内ギャンブルは違法です。その主軸になる法律の一つが「賭博及び富くじに関する罪」という法律です。そして。特例的に定められた法律が競馬法(競馬)、自転車競技法(競輪)、モーターボート競走法(競艇)、小型自動車競走法(オートレース)、当せん金付証票法(宝くじ)、スポーツ振興投票の実施等に関する法律(スポーツ振興くじ)などといった法律です。公営ギャンブルや宝くじなどは、この、特例的な法律があるため合法となっています。

オンラインカジノ 法律: 日本で公的に行われているスポーツブック

スポーツブックなら中央競馬、地方競馬、競輪、競艇、オートレースは公営ギャンブルとして運営されています。特殊法人、地方公共団体、財団法人など、運営団体の種類は違いますがすべて国の管轄下にあります。同じスポーツブックでもtotoは正式名称をスポーツ振興くじとして、独立行政法人日本スポーツ振興センターが運営しています。

オンラインカジノ 法律: 現代日本でも行われている富くじ

スポーツブック以外にも合法的に行われているギャンブルとして、一般財団法人日本宝くじ協会が主催する宝くじがあります。宝くじはいわゆる富くじといわれるものでロトも宝くじの一種です。富くじはもともとは神社やお寺が主催していたものです。江戸時代には日本でも有数の大きな神社が富くじを主催して、その富くじ目当てに神社参りをする人も多かったのです。お正月に福を目当てに神社参りをするのは庶民の大きな楽しみでもありました。

オンラインカジノ 法律: パチンコ店と日本の法律

現代日本のパチンコ店での人気機種といえばパチスロです。パチスロはオンラインカジノのスロットと非常によく似たゲームです。パチンコ店は法律上は、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」の管理下で経営される遊技場です。パチンコという遊びで、勝てば、ちょっとした景品をもらえるのがパチンコ店です。そして、このちょっとした景品はパチンコ店が経営する景品交換所で現金に交換されます。

つまり、パチンコで現金を得れば違法行為になるけれど、景品をもらうぐらいなら違法ではない。景品を現金化すること自体違法ではない。この考え方で合法と認められています。

オンラインカジノ 法律: 日本のギャンブル 法律とカジノ

日本では、店舗型カジノは違法です。しかし、2018年7月に「IR実施法案」が成立して、IR事業の一端としての店舗型カジノが一部合法となりました。IRとは、カジノやホテル、劇場、遊園地、展示会場、ショッピングモールなどの観光施設を整えた総合的なリゾート施設のことです。世界的に有名なラスベガスや、マカオ、シンガポールなどのIR事業は国の経済に大きく貢献しています。日本でも観光事業の振興のためにIR事業を成功させようとするために、このギャンブル 法律が定められたのです。

オンラインカジノ 法律: 世界のギャンブル事情

ギャンブルを法律で禁じている国は世界の中では少数派です。マカオやラスベガスなどは世界的な観光地として大いに発展しています。多くの国では、ギャンブルやカジノ、競技場を文化の一部としてとらえています。英国の競馬場やフランスのドッグレース場にセレブがおしゃれをして出かける様子はテレビニュースなどでも報道されます。

オンラインカジノ 法律: 日本のギャンブル 法律とオンラインカジノ

日本では、特にIR事業地として認められていない場所でカジノやそのほかのギャンブルができる店を経営することはできません。経営者が外国人であっても、日本の法律を厳守しなければなりません。しかし、オンラインカジノは基本的にギャンブルを合法とする国の事業者が運営しています。ライセンス発行団体もギャンブルを合法とする国です。そして、サーバーの所在地もギャンブルを合法とする国にあります。どこにも違法な行為は行われていません。海外の業者が、ギャンブルが海外ライセンスを取得し、かつ海外にサーバーを設営して運営しいます。そのため、オンラインカジノに日本のギャンブル 法律をそのまま適用出来ないのです。このため、日本のオンラインカジノ 法律では違法ではないと考えられています。

オンラインカジノ 法律的に問題なし:だったらプレイするしかない!

オンラインカジノは日本のギャンブル 法律上特に問題ありません。オンラインカジノのメリットはたくさんあります。

オンラインカジノ 法律的に問題なし: 忙しくてもすき間時間でプレイできる

一番の利点はどんな時でも、海外の一流合法カジノゲームが楽しめるということでしょう。深夜でも早朝でもオンラインカジノなら営業中です。あなたの仕事終わり、職場での休憩時間、オンラインカジノなら場所も自由です。職場でも自宅でも移動中の交通機関の中でも楽しめます。

オンラインカジノ 法律的に問題なし: くつろいだ服装でOK

海外では合法カジノや競技場は社交の場でもあります。ドレスコードがあるのは当たり前の世界です。でも、オンラインカジノなら、パジャマでもTシャツでもジーンズでも作業着でも誰に気兼ねもいりません。もちろん、すっぴん洗い髪OKです。暑い日ならタンクトップやキャミソール一枚でも誰にも迷惑はかけないのです。

オンラインカジノ 法律的に問題なし: お金も時間も節約できる

オンラインカジノでもライブカジノならマカオやラスベガスもカジノを体験できます。実在するディーラーとのコミュニケーションだってできるんです。スポーツブックのライブストリーミングなら世界的なメジャーゲームの会場にいるような臨場感を味わえます。どこかに出かけていく必要がないのです。交通費も移動時間もいりません。

オンラインカジノ 法律的に問題なし :キャッシュがもらえるのが魅力

オンラインカジノの魅力の一つが賞金です。ゲームの勝利金は現金としてサイト内のアカウント口座にたまっていきます。アカウントのリアルマネー口座にたまった現金は引き出すことができます。金額は勝利の大きさによります。多くの場合万単位ですが、スロットのジャックポットが当たった場合には数千万、億単位のこともあります。実際に、気軽に少額賭けてみたところ数億あたったという人が存在します。

オンラインカジノ 法律的に問題なし :還元率が高い 勝ちやすいのが何よりうれしい

オンラインカジノの利点の一つが還元率の高さです。還元率とはギャンブルの掛け金が戻ってくる割合のことです。たとえば、還元率95%なら、1万円賭けて9500円返って来るということになります。ただし、すべての人が還元率通りの結果になるということではありません。大勝ちする人がいる一方で大負けする人もいます。それでも、勝ちやすさの目安としては還元率はとても参考になる数字です。

一般的に競馬の還元率は70~80%、パチンコ・パチスロは80~85%、ボートレース(競艇)は75%と言われています。日本でも最もプレイ人口が多いと思われる宝くじは、なんと45%という低さです。そんな中、オンラインカジノは93~98%といわれています。おなじ、ギャンブルを楽しむなら勝ちやすいほうが断然お得なのです。

オンラインカジノ 法律的にもおすすめのオンラインカジノ

日本のギャンブル 法律上、オンラインカジノ 合法である以上、思う存分日本のオンラインゲームを楽しめます。ここでは、合法カジノの中でも特におすすめのサイトをご紹介します。

オンラインカジノ 法律的にもおすすめ:上場企業の経営でコンプライアンスもOK!

上場企業のメリットといえば、コンプライアンスがしっかりしていることです。株式上場すると、社会の中で広く認められてその会社の株を買おうという人を増やさなければなりません。合法的な経営はもちろんですが、公正な経営姿勢を社会に示していく必要があるのです。

オンラインカジノを経営する企業であれば不正などはあってはならないことですが、各国のオンラインカジノ 法律にも対応しなければなりません。これらのオンラインカジノは世界的に信頼度の高いライセンスを取得しています。

また上場企業が経営するということは資金的に安定しているということでもあります。出金は正当な形で行われ、しかも突然閉鎖するといったアクシデントの可能性も極めて低いのです。

ウィリアムヒルカジノ

オンラインカジノ業界最大の企業です。ウィリアムヒル(William Hill plc)はイギリスの老舗ブックメーカーがオンラインカジノを展開して成功したものです。ロンドン証券取引所の上場企業であり、ロンドン証券取引所の上場企業で時価総額が大きい100社の中に入る優良企業です。日本語サイトはマルタ共和国のライセンスでオンラインカジノ 法律をしっかりクリアしています。番号は MGA/CRP/121/2006-05です。ハイローラはもちろんビギナーにもわかりやすいスポーツブックと合法カジノ併設のサイトです。

888ポーカー

運営会社である888 Holdings plc は、ロンドン証券取引所上場企業で、ジブラルタル政府のライセンスを持っています。ライセンス番号 112 と 113です。世界で最もオンラインカジノ 法律に厳しいといわれるライセンスです。こちらもスポーツベットと合法カジノ、ポーカー特化サイトの3サイト併設のオンラインです。サイト運営だけではなく、ゲームソフト開発も行うユニーク企業です。そのため、独自ゲームも多数用意されています。

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは日本人気ナンバー1と言われるほど日本にファンが多い合法カジノサイトです。ライセンスはキュラソーライセンスです。ベラジョンカジノの運営会社はDumarca Gaming Ltdで、その親会社であるIntertain Group Ltdは、カナダトロント証券取引所で上場しています。日本人ユーザー向け企画が多く仮想通貨も使える合法カジノサイトです。

チェリーカジノ

チェリーカジノはストックホルム(スウェーデン)の株式上場企業によって運営されているオンラインカジノです。カジノの経営会社としては老舗に入ります。オンラインカジノサイトは2017年開設です。実際にプレイする動画をYouTubeに掲げカジノゲームを分かり易く説明するなど日本人向けの活動も盛んに行っています。ライセンスはマルタで番号はMGA/CRP/178/2009です。

Leovegas(レオベガス)

レオベガスの運営会社はLeoVegas Gaming p.l.c. で、スウェーデンのストックホルム証券取引所に上場しています。数々の賞を受賞して知名度も高く、オンラインカジノ業界をけん引しています。日本語サイトは日本人プレイヤーにも安心して利用できるサービスが揃っています。レオベガスはマルタライセンスだけではなく、世界で最も厳しいと言われるイギリスライセンス、スウェーデン、デンマーク、イタリア、スペインなどの各国のライセンスを取得して、各国のオンラインカジノ 法律に対応しています。

オンラインカジノ 法律的にもおすすめ:信頼度の高いマルタライセンスのカジノ

信頼度は世界トップクラス、審査の厳しさで定評があるのがマルタライセンスです。マルタライセンスは、ゲームの公平性だけではなく、運営会社の経営状態や役員の経済状態、経歴なども審査の対象になります。マルタライセンスはオンラインカジノ業界内でも信頼が厚く、オンラインカジノサイトだけではなくゲームプロバイダーもマルタライセンスを取得しているところが少なくありません。

オンラインカジノサイトの中にはマルタライセンスを取得しているゲームプロバイダーだけしか搭載しないサイトもあります。

カジノシークレット

カジノシークレットはボーナスがキャッシュでもらえるのが特徴の”カジノです。複雑な出金条件に悩まされることのない新しいタイプの合法カジノサイトとして今後が期待されています。運営会社はCasino Secret LTD、ライセンス番号はMGA/B2C/259/2014です。

・ラッキーニッキーカジノ

可愛い少女キャラクターが評判のラッキーニッキーカジノもマルタライセンスのオンラインカジノです。日本語サポートが充実しており、VIPプログラムでは日本人の専属スタッフが付きます。運営会社はTitanium Bracelet Marketing Ltdでライセンス番号MGA/CRP/171/2009です。

オンラインカジノ 法律の移り変わり

ギャンブルを法律で禁じている国は世界的には少数派です。多くの国がギャンブルを合法的な娯楽と認めています。オンラインカジノ 合法と認めながら何らかの規制をかけている国がほとんどです。日本の賭博禁止にかかわる罪には 賭博罪、常習賭博罪、賭博場開張図利罪・博徒結合図利罪、富くじ罪などがあります。さて、オンラインカジノなどのギャンブルを合法にするのと禁止にするのとはどちらがいいのでしょうか?

オンラインカジノ 法律の移り変わり: 日本最古のギャンブル禁止令

日本では奈良時代には既にギャンブルを禁じた法律が生まれています。奈良時代に流行したギャンブルとは双六です。当時は牛や馬を開掛けたといわれています。農民などが夢中になって農作業をしなくなったため当時の天皇が双六を禁じたといわれています。しかし、現代では子供たちのボ―ド-ゲームとして残っています。

オンラインカジノ 法律の移り変わり:戦国時代に生まれた丁半賭博

丁半賭博といえば日本人にお馴染みのギャンブルですが、発祥は戦国時代です。それまで流行していた双六よりも、サイコロだけを使った手軽さが流行したのです。壺の中に二つのサイコロを入れて、出目が奇数か偶数化を競うシンプルなゲームは庶民や下級武士たちの間で大流行しました。カジノゲームのクラップス(Craps)などと似たゲームです。

当時の武将達の間で流行ったのがポルトガルから輸入されたカルタです。上流階級のギャンブルとして大流行しました。カルタは江戸時代まで発展し愛されましたが、何度となく禁止令が出されています。

オンラインカジノ 法律の移り変わり:江戸時代はギャンブルも多様化

江戸時代に入ってもカルタの熱は治まらず、上流階級から庶民までカルタの賭けを楽しむようになりました。そこで江戸時代にも、再びカルタ禁止令が発令されています。どんなに禁止されてもカルタ熱が治まることはなく、人々は、カルタではない、カルタに似たものを考案します。それが花札です。花札は現代でも製造され、そのデザイン性の高さは世界でも高く評価されています。

江戸時代に入って、初めて公営ギャンブルが登場します。それが富くじです。主催者は寺や神社で、大晦日やお正月、縁日、祭りなどの催し物として広く人気を集めました。仕組みは現代の宝くじとほぼ同じで、神社や寺が集客と資金集めの目的で催しました。富くじを主催するためには、当時の政府である江戸幕府の許可が必要でした。出雲大社では実際に富くじで門前町が大繁盛した記録が残されています。しかし、富くじも影富と呼ばれる闇開催が増えたことで禁止されました。

オンライン カジノ 法律の移り変わり:花札製造から世界企業へ

明治時代に京都で花札製造者として創業したのが任天堂です。その後、かるた、トランプなどあらゆるゲーム用おもちゃなども製造するようになりました。1990年に発売されたスーパーファミコン(1990年)は日本のコンピューターゲームの火付け役となりました。その後、スーパーマリオシリーズが世界的なヒットとなり、今もどうぶつの森シリーズが子供から大人まで大人気です。現在はNintendo Co., Ltd.として世界企業に発展しました。Nintendのホームページには、花札の代表的なゲームである「こいこい」の遊び方が丁寧に解説されています。

オンライン カジノ 法律の移り変わり:現代日本のギャンブル事情

現代日本では競輪・競馬・競艇・オートレース・宝くじ事業が公営ギャンブルとして行われています。パチンコ店も盛況です。オンラインカジノは、大手の有名サイトが日本語サイトを開設してますます盛んになりつつあります。

2016年12月、統合型リゾート(IR)整備推進法案、通称「カジノ法案」が成立しました。カジノ法案(IR)整備推進法案)とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」といいます。

この法律の目的は、長らく低迷する日本経済の活性化です。観光事業によって海外から観光客を集め、大きな観光施設を作ることによって周辺地域のインフラを整え、なおかつ周辺地域の雇用を活性化しようとするものです。

IR法案でのカジノの扱いは、経済特区としてギャンブルを地域的に合法化する手法です。この法律によってギャンブルに関する日本人の意識に変化が起きることは容易に予想されます。

オンラインカジノ 法律に沿って楽しむ

日本では、オンラインカジノユーザーが逮捕された事例があります。逮捕された人たちは結果的には違法性を立証されずに不起訴となりました。この事件が、オンラインカジノ 合法と広く認識される結果につながりました。だからといって、違法かどうかを考えながらプレイしていては楽しさも半減ですよね。そこで、オンラインカジノを安心して楽しむためにできることを考えてみました。

オンライン カジノ 法律に沿って楽しむ:最初は少額のベットからはじめよう

日本の法律では、ちょっとしたお楽しみでするギャンブルは法規制の対象になりません。多くのオンラインカジノの規約には、「オンラインカジノは娯楽です。」と明記しています。大きく賭けて大もうけを狙うのは、小さな勝ちを積み重ねて勉強を続けてからです。あまり大きな金額が動くと税務署の関心を引いてしまいます。

還元率の高いゲームで勝ち経験をつもう!

初めのうちに小さな勝ちを積み重ねていく方法としては、難度が低めで勝ちやすいゲームを選ぶのがおすすめです。最初は還元率が高いゲームを選んでみましょう。還元率が高いゲームは勝ちやすいといえます。もちろんギャンブルなので必ず勝てる訳ではありませんが、ビギナー向けではあります。

例えば合法カジノゲームの中でスロットとテーブルゲームを比べるとカジノテーブルゲームの方が還元率は高くなります。スロットで85〜95%に対してテーブルゲーム全体で約97.2%と言われています。その、テーブルゲームの中でも、バカラ 98.67〜98.8%、アメリカンルーレット94.7%、ヨーロピアンルーレットフレンチルーレット) 97.3%と還元率はちがいます。

ルーレットを例にとると、アメリカン・ルーレットの場合、ホイールに0と00があります。ヨーロピアン・ルーレット(フレンチルーレット)の場合は0だけです。つまり、アメリカンルーレットの方がホイールの区画が一つ多いのです。それだけ、ボールがどこへ落ちるかの可能性はばらける、つまり当てにくくなるわけです。その影響がはっきり還元率に現れています。

プレイ回数が増えてくると好きなゲームというものが出てきます。それまでは、還元率が高い方、勝ちやすそうなゲームを選んで、地道に勝つ経験を積み重ねてオンラインカジノを長く楽しみましょう。

オンライン カジノ 法律に沿って楽しむ:税金を払おう!

日本の税制ではオンラインカジノの勝利金にも税金がかかります。オンラインカジノの賞金は一時所得として課税対象になります。もちろん、公営ギャンブルの勝利金にも税金がかかります。ところが、競馬や自転車レースの場合賞金の支払いが現金で行われます。そのため、賞金を受取った証拠が残りません。現実的には、申告をしていない人がほとんどではないでしょうか?

オンラインカジノの場合には、必ず決済機関を通して銀行の口座に振り込まれます。書類上にはっきり、賞金を受取った記録が残るのです。もし、年間70万円以上の勝利金を得た場合には、サラリーマンと言えども確定申告が必要になります。この時点で、オンラインカジノ 合法性が認められているという解釈もできます。

オンライン カジノ 法律に沿って楽しむ:信用度の高いオンラインカジノを利用しよう

国際的に信用度の高いオンラインカジノを利用することが大切です。株式上場をしている、国際的信用度の高いライセンスを取得している、国際的に信用度の高いゲームソフトを導入しているなどがオンラインカジノの信頼性や安全性の指標になります。

オンラインカジノの公式サイトでは、ホーム画面にさまざまなロゴマークが載せられています。これらのロゴマークは、提携している決済機関やゲームプロバイダー、ライセンス、監査機関、依存症支援機関などです。ロゴマークのリンク先をしっかりチェックするのは、最も簡単な信用度の調査になります。

オンラインカジノ 法律 合法がいい?禁止がいい?

古来から日本ではギャンブルを禁止するギャンブル 法律が度々発令されています。もちろん海外でもギャンブルを禁止する法律は発令されていますが、現状ではギャンブルが合法である国の方が圧倒的に多数です。

オンライン カジノ 法律 合法か禁止か:ギャンブルが禁止される理由

日本で最初にギャンブルを禁止する法律が発令されたのは奈良時代だといわれています。禁止の理由は、「人々が夢中になりすぎて、仕事をしなくなる。賭け金や勝利金のことで大きな揉め事になるケースが多い」という理由です。この理由は現状の日本のギャンブルに対する意識にそのまま生きています。「依存症になって、働かなくなる。賭け金に歯止めが利かなかうなって大きな借金を作ったりして経済的に破たんする。」などの認識です。

また、不正や詐欺の温床になり易く犯罪のきっかけを作りやすいのもギャンブルが禁止される理由です。オンラインカジノ業界では、これらのギャンブルの持つ弊害に対してさまざまな対策をたてています。

ライセンス制度

あらゆる合法ギャンブルにはライセンス制度が設けられています。オンラインカジノでは審査が難しいライセンスを取得することで信用を付けようとします。オンラインカジノのライセンスを取得するための主な審査内容は以下の通りです。

・運営資金

・経営体制

・ソフトウェアの公正さ

・反社会的勢力とのつながりがないか?

・運営側の過去に不正取引にかかわった経歴がないか?

・第三者機関に適切な監査を受けているかなどを厳しく審査されます。

ライセンス発行機関はすべての項目に関して調査し、調査結果に問題があればが審査不合格となります。当然、非合法組織にライセンスが取得できるはずもありません。

オンライン カジノ 法律 合法か禁止か:どちらを選ぶかの考え方

海外のギャンブルを合法としている国の人たちには、依存症や経済は痰などの認識はないのでしょうか?もちろん、答えは決まっています。諸外国でもギャンブル依存症、依存症が原因の大きな借金、それからくる経済的な破たんに対する不安はあります。ではなぜ、ギャンブルを合法としたのでしょうか?

オンライン カジノ 法律 合法か禁止か:ギャンブル合法のメリット

ギャンブルが合法とされている国では、ギャンブル事業に対して法的な規制をかけています。法的な規制は非合法組織にはかけることはできません。合法組織に対してのみ、法的な規制が有効になります。

オンライン カジノ 法律 合法か禁止か:ギャンブル合法のデメリット

ギャンブルを合法化することでおきるデメリットを考えてみましょう。ギャンブルが合法化されると誰でもが気軽にギャンブルができます。ギャンブル人口が増えるということは、依存症にかかってしまう人が増えるリスクも大きいということです。オンラインカジノでは依存症リスクの軽減のためにさまざまな対策をしています。

・未成年者のギャンブル禁止

ギャンブルを合法としている多くの国では未成年者がギャンブルをすることを禁止しています。オンラインカジノでも18歳未満の人のアカウント登録を認めていません。オンラインカジノの公式ページにははっきりと18歳未満御断りのロゴマークが掲げられています。

・依存症防止対策としての自己抑制機能

依存症になるもならないも基本的には自己責任です。ところが実際にはギャンブル依存症にかかる人が特別弱い性格なのかというと、そうでもありません。その時の環境や精神状態に大きく影響を受けてしまうのです。オンラインカジノでは、ユーザーが自分で依存症防止の対策を取れるようなシステムを導入しています。

一日、一週間、一カ月といった単位でログインできなくする機能、一定金額以上賭けられなくする機能、一定時間が来たら自動的にベット出来なくなる機能などを搭載して、ユーザー自身の選択でそれらの機能を稼働させることができます。レオベガスでは独自開発の自己抑制ツールLeoSafePlayという機能を搭載しています。

・依存症対策の相談機関との提携

オンラインカジノは自己抑制機能を搭載するとともに、ギャンブル依存症の兆候を自覚し始めた人達のために、国際的な相談、支援機関と提携しています。国際的支援相談機関としては、代表的なもので  Gamcare、 Gamblers Anonymous、Gambling Therapyなどです。多くのオンラインカジノ公式ホームページには提携機関のロゴマークが掲げられています。

オンラインカジノ 法律 合法か禁止か:ギャンブルを法的に禁止するメリット

ギャンブル禁止の国では、ほとんどの国民はギャンブルに接することなく生活するのでギャンブル依存症の人口は少なくなります。ただし、日本のように一部の公営ギャンブルが認められている国では、公営ギャンブルで依存症にかかっている人たちが存在するのは事実です。

オンライン カジノ 法律 合法か禁止か:ギャンブル禁止にするデメリット

古来から現代の歴史の中で、世界中でギャンブル禁止令と緩和策が繰り返されてきました。せっかく禁止したものを緩める理由は禁止することで弊害があるからです。

禁止された状態の中でもギャンブルを楽しみたい人は後を絶ちません。そういった人たちに法の目をかいくぐってギャンブルを提供する人たちが出てきます。このような闇の営業の中で違法に利益を得る人達がいるのです。闇の営業で利益を得ても税金を払う必要はありません。また、もともと闇の営業なのですから、そこで不正が行われても発覚しにくいし、誰も取り締まることができない、つまり犯罪の温床になりやすいのです。もともと存在を認めていないものには、それを取り締まるオンラインカジノ 法律さえも生まれないのです。

ギャンブル合法か禁止かにはさまざまな議論があり、それぞれの国がその歴史や政策によって決めています。日本はギャンブル禁止から、公営ギャンブル実施へ、そしてIR法案をきっかけとして、ランドカジノを特例的な方法で認める国へと転換し始めています。

オンラインカジノの日本の法律に関するFAQ

🎯日本の オンラインカジノ 法律が変わる可能性は?

  IR(統合型リゾート)法が施行されました。今後、ランドカジノやオンラインカジノに対する法律が変化する可能性は十分あります。

🎯オンラインカジノ 法律が変わって、もし日本にカジノができたら?

  近い将来IR法でランドカジノが出来、その影響でオンラインカジノ 法律の整備が推進されると予測されます。数が増えるにしたがって、オンラインカジノ 税金や、適性な楽しみ方に関しても法律的に整備されていくものと考えられます。

🎯 ライセンスを持っていないオンラインカジノは 違法?オンラインカジノ 法律違反?

  ライセンスをもっていないオンラインカジノが、違法か合法かはどちらとも断言できません。日本でオンラインカジノ 合法の目安の一つがサーバー設置場所です。ライセンスを持たずに営業しているオンラインカジノの場合、オンラインカジノ禁止国のサーバーかもしれません。これはオンラインカジノ 法律違反になります。近づかないほうが無難です。

🎯オンラインカジノ 法律関係で第三者機関の監査を受けるということを聞きますが、第三者機関とは何ですか?

  オンライン カジノ 法律的に適正に運営するためには、社内の規制だけでは不十分と考えられています。そのため、国際的に信用のある第三者機関に監査を受けることが奨励されています。ギャンブル合法の国では、法律的に義務付けている国もあります。代表的な第三者機関としてeCOGRA (eCommerce and Online Gaming)、 TST (Technical Systems Testing)、GLI(Gaming Laboratories International)などがあります。

🎯 オンラインカジノ 法律に準じた運営にするためにゲームソフト会社もライセンスを取得するって本当ですか?

  本当です。たとえば、ゲームソフト業界最大級のマイクロゲーミングはマルタライセンスとイギリスライセンスを取得して、eCOGRAの監査を受けています。

まとめ:オンラインカジノ 法律 日本でも合法

オンラインカジノは運営会社もサーバーの位置のギャンブル合法国のものです。日本の法律Hが適用されません。実際にオンラインカジノユーザーが逮捕されましたが違法性がなかったため不起訴になりました。また、オンラインカジノで得た勝利金は一定金額以上になると確定申告して納税しなければなりません。これらのことを考え合わせると、オンラインカジノは日本でも合法と考えられます。

オンライン カジノ 法律に関して様々な点からチェックしてみました。インターネットというボーダレスな世界でも、ギャンブル 法律はまだまだ国単位。だからこそ、オンラインカジノが違法か合法かで意見が分かれた部分もありましたが、既にオンラインカジノの日本の法律は問題なしと解釈できます。

上位オンラインカジノ
上位カジノボーナス
上位スポーツブックサイト
上位スポーツブックボーナス
トップへ移動
閉じる
×
ボーナスコード:
ボーナスオファーは既に別ウインドウに表示されています。もし表示されていない場合は下記のリンクをクリックしてください。
ゲームプロバイダーに行く