カジノ法案とは?次なるラスベガスはどこ!?

統合型リゾート法案、カジノ法案、別名ir法案など、呼び名も様々なため、誤解されやすいフレーズです。それぞれの定義をこの記事で解説します。日本にカジノが来る日はいつなのか?またオンカジに影響は?

オンラインカジノプレイヤーの方なら、耳にタコができるほど聞いたカジノ法案というこの言葉。日本の経済を回す得策として期待されるこの法案は、2016年末頃に成立した法律のことです。その後紆余曲折はあるものの、一応カジノ法案 可決として採択されました。果たして、いつ頃どんな形で私達の生活にパチンコに変わるエンタメが登場するのか?そして一体日本のどこにカジノができるのか??気になる事ばかりです!ここではオンラインカジノ好きの皆さんにカジノ 法の動向を解説していきます。

トップボーナス
$30 Free Bet
まで
7000¥
98/100
評価
Wildz ハイライト
  • 1スピンバックなど特殊機能がある
  • 2VIPプログラムが多い
  • 3入金不要ボーナスがある
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
50000¥
Wildz レビュー プロバイダーに行く
97/100
評価
Bet365 ハイライト
  • ウェルカムボーナスあり
  • ジャックポットスロットも有り
  • VIP制度あり
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
$100
Bet365 レビュー プロバイダーに行く
95/100
評価
Gambola ハイライト
  • キャッシュバックあり
  • 出金が速い
  • 賭け条件が緩い
Paysafecard
MGA - Malta Gaming Authority
まで
$25
Gambola レビュー プロバイダーに行く
94/100
評価
JackpotCity Casino ハイライト
  • 高額ボーナス
  • フリースピンなどのプロモ充実
  • 出金上限がない
PayPal
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
160000¥
JackpotCity Casino レビュー プロバイダーに行く
93/100
評価
Spin Palace ハイライト
  • 高額ボーナス
  • お得プロモが豊富
  • ポイントが貯まる
Paysafecard
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
100000¥
Spin Palace レビュー プロバイダーに行く
全てのプロバイダーを見る

そもそもオンラインカジノにとってIR法案とは何か?

一言でカジノ法案と一括りにしていますが、厳密には統合型リゾート(IR)整備推進法と言う名前の法律のことです。つまるところ、カジノだけに関わらず多角的に楽しめるエンタメを含むリゾート施設を日本に誘致しようというもの。日本のオンラインカジノVIPサービスの舞台をそのままランドカジノに移し、本格的なギャンブル、買い物に食事などを楽しめたら、どんなに素敵でしょうか。

カジノ法案 成立に関しては国会内でも激しい討論が交わされましたが、アジアの一小国シンガポールが遂げたカジノ誘致の成功例は日本にも大きな期待をもたらすことは明白ですが、誘致場所や条件など課題も山積み。因みにIR法のIRとはIntegrated Resortのことを意味します。

カジノ法案を制定する利点とは?

カジノ法案とは何かを簡潔に紹介していきましたが、パチンコのようなギャンブル性が強いランドカジノを含む複合リゾートができたらどのようなメリットが生まれるのでしょうか?まず考えられるのが、インバウンド戦略としての大きな可能性。日本人はもとより日本カジノ法案による統合リゾートができた場合、多くの利用者がお金を落とし経済が回り、更に雇用の機会にも恵まれるはず。

また誘致場所の近隣にはリゾート開発がゆえに生まれた活性化が期待できるのも明白です。あくまでカジノ法案のランドカジノは計画の一部にしか過ぎず、ホテルにショッピングモールなどの充実も見逃せません。付随してランドカジノ合法化による違法賭博行為が減ることもメリットかもしれませんね。

IR法案成立前でも!合法おすすめのオンラインカジノ

2020年11月現在は日本におけるランドカジノは非合法ですが、カジノ 法による統合的リゾート施設ができるまでは下記のオンカジプレイを推奨します。

カジ旅

まるでロールプレイングゲームをしているかのようなRPG要素が詰まったカジ旅。見やすいサイト、充実ボーナスにスポーツベッティングも楽しめ、無料カジノ ゲームでテストプレイもOK!

ベラジョン

日本人人気1ともいわれるベラジョンカジノはカジノ法案 成立によるランドカジノ設立を夢見る玄人からオンカジ初心者まで大人気。日本人限定トーナメント、キャンペーンも充実なのも嬉しい限り。

IR法案の歴史

カジノ法案 いつ頃誘致場所が決まり、どんな形でランドカジノが生まれるのか、まだまだ未知数な部分が多いですが、ここでは硬い頭を丸くするカジノの歴史雑学を少しだけご紹介。

イタリア語で家を意味する「casa」がカジノの語源と言われていますが、古くはフランス王侯貴族の大人の社交場としての賭博場がその歴史の始まりと言われています。約300年前まで遡るカジノの原点ですが、その当時はやはり庶民向け、貴族向けの賭博場と分かれていたそうです。

欧州は400年近い歴史を誇るカジノが現存していますが、一方アメリカは1931年にネバダ州でカジノが合法化されました。日本は経済改革の一つとして2010年以降地方自治体がカジノ合法化を求め、ようやく法案が提出されたのが2013年。ir法が可決されたにも関わらず、なかなか先の見えない出口について、カジノ法案 いつ頃形になるのかとのあきれた声は少なくありません。

IR法案の今後について

日本におけるカジノ法案可決によるカジノ解禁は、日本人の娯楽を豊かにするだけでなく、不透明な賭博をクリアに攻略する手段にもなるはず。しかしながらカジノが合法化された場合、治安の悪化やマネーロンダリングを心配する声は少なくありません。そんなネガティブなカジノ法案の解決攻略法として、日本人のカジノ利用回数の制限、6000円の入場料金、そしてマイナンバー提示が義務付けられることになります。なおゲームによる賞金のカジノ 税金は50万円までは控除可能です。

カジノ法案が成立したことによる外国人カジノ利用者の制限は他国同様にフットワークが軽いものでID提示だけが要求されます。ちなみにカジノ誘致場所としては大阪、東京お台場、横浜やハウステンボスのある長崎などが検討されていますが、はたしてir法案の可決によるカジノ開設の行く末やいかに。

IR法案に関するFAQ

⭕カジノ法案は成立したけどいつ頃カジノはできる?

2020年1月現在も候補先が決まっていない現状があり、最高のオンラインカジノ日本に代表されるオンカジに匹敵するランドカジノ開設は、2025年前後までかかると予想されハッキリとは分かりません。

⭕カジノ法案成立によりオンラインカジノも合法になる?

新しい日本のオンラインカジノのようなオンカジは日本において非合法ではありません。ir法案成立、ランドカジノ開設によりオンカジにどのような影響があるかは未知数ですが、基本的に両者は関係ないとされています。

⭕カジノ法案の可決による誘致場所はいつ決まる?

多角的に経済効果が生まれる場所を選定している段階です。ルーレットなどを合法的に楽しめるカジノを含む誘致場所は、2021年から22年にまでかかると予想されていますが現状での明確な日時はハッキリしません。

まとめ

カジノ法案が可決し、とうとう日本もランドカジノ解禁による経済改革が進み始めています。オンカジ好きにとってオンラインカジノの日本の法律によるオンカジの合法、非合法などの法律改正は気になりますが、カジノ法案とカジノを含む統合リゾート開設は経済面、雇用面でも大きな実りをもたらすはずです。

カジノ法案あらためir法案に対してネガティブな意見も勿論ありますし、治安悪化やギャンブル中毒発生率の増加などの望まれない歪みも出てくることでしょう。オンラインカジノ同様様々な外部機関との連携や厳格な規制が必須条項となりますが、これからの動向からは目が離せません。今回はカジノ法案とは?というオンカジとも密接に関連する法律についてお話しましたが、ぜひ頭の片隅にカジノ 法という言葉を覚えておいてくださいね。

上位オンラインカジノ
上位カジノボーナス
上位スポーツブックサイト
上位スポーツブックボーナス
トップへ移動
閉じる
おすすめギャンブルサイト
×
ボーナスコード:
ボーナスオファーは既に別ウインドウに表示されています。もし表示されていない場合は下記のリンクをクリックしてください。
ゲームプロバイダーに行く