勝者が使ってる! エコペイズ ブックメーカー大解剖

ブックメーカーの決済方法として、電子決済サービスが主流になりつつある昨今、最も人気を集めているのが、エコペイズです。不正利用はない? 手数料は高いの? そんな疑問を徹底検証します。

45の通貨に対応し、173カ国で使われているecopayz。大手ブックメーカーがこぞってエコペイズ 入金、エコペイズ 出金を採用中! 上場企業が運営! フリーベットが今すぐもらえるウィリアムヒルはこちら!日本語サイトで登録手続きもカンタンなのが嬉しいですね。24時間、公式アプリケーションでサクサク操作できるので外出先でも便利。何より複数のブックメーカーの資金管理に便利です。

今月のおすすめブックメーカー
上位ブックメーカー
97/100
95/100
93/100

おすすめのブックメーカー

93/100
評価
Gambola ボーナス
Gambola ハイライト
  • ボーナスあり
  • ライブベットあり
  • ライブストリーミングあり
EcoPayz
Gambola レビュー
***** プロバイダーに行く
91/100
評価
William Hill ボーナス
100% まで $100
William Hill ハイライト
  • ウェルカムボーナスあり
  • 日本の種目にベット可能
  • オファーが多数
EcoPayz
100% まで
$100
William Hill レビュー
***** プロバイダーに行く
86/100
評価
24Bettle ボーナス
100% まで 100€
24Bettle ハイライト
  • ボーナスオファーが充実
  • オッズの高さ
  • 90種類以上のeスポーツ
EcoPayz
100% まで
100€
24Bettle レビュー
***** プロバイダーに行く
85/100
評価
Betway ボーナス
まで 10€
Betway ハイライト
  • 世界20万試合を手がけた実績
  • ベットブーストで勝率アップ
  • eスポーツの先駆者
EcoPayz
まで
10€
Betway レビュー
***** プロバイダーに行く

初心者も安心! エコペイズ ブックメーカー使いこなし術

ブックメーカー 入金方法として、昔から根強い人気のクレジットカード。ショッピング感覚で入金ができる手軽さが人気の秘密ですが、残念ながらクレジットカードでは出金ができないのがネックです。その点、ブックメーカー エコペイズなら、エコペイズ 入金やエコペイズ 出金が思いのまま! 45種類の通貨に対応しているため、面倒な為替手続きも必要ありません。bet365 入金 エコペイズや、ピナクル 入金 エコペイズ、ウィリアムヒル 入金 エコペイズなど人気ブックメーカーで採用されており、スマートに勝ちたい人の必需品です。ただし、便利に使いこなすには、ちょっとしたコツがありますのでレビューしていきましょう。

STEP1 登録しよう

ブックメーカーの中でも人気のbet365 エコペイズ 入金をはじめ、エコペイズの利用を考えている人は、口座を開設する必要があります。大手ブックメーカーの本拠地イギリス発・173カ国で使われているインターナショナルな電子決済サービスとあって、公式サイトも日本語化されているので安心です。審査もなく、数分で誰でも登録できますよ!

アカウントランクって何?

アカウントには、クラシック、シルバー、ゴールド、プラチナム、VIPと5つのランクがあります。実は、このランクがクセモノ。まず口座を開設すると、クラシック会員としてスタートしますが、ecopayz ブックメーカーで使うためには、シルバー会員にアップグレードする必要があります。「まさか、たくさん入金しないといけないの?」「有料なんでしょう?」と不安に思った人、大丈夫です。本人確認審査に通過すれば、無料でシルバー会員にアップグレードできます。

シルバー会員になるためには

目指すは、エコペイズ ブックメーカーを使いこなせるシルバー会員へのアップグレード! 必要な本人確認は、3つのステップで行われます。まずEメールアドレスの認証を行います。次に、秘密の質問を設定、最後に、本人確認書類の提出が求められます。本人確認書類は、2種類用意してください。パスポートや運転免許証などの写真付きの公的な身分証明書と、3ヶ月以内に発行された公共料金の領収書、銀行の取引明細書、住居証明書といった住所がわかる確認書類の画像のアップロードが必要です。書類の四隅が切れないように撮影し、JPG、PNG、PDFで保存しましょう。こうした書類は、ブックメーカーのアカウント認証にもそのまま使えますので、撮影した画像はしっかり保存しておきましょう。

入金方法

ビットコインなど仮想通貨の入金も可能ですが、初心者は国内銀行からの入金がスムーズです。15時までに入金を完了すれば、当日中に反映することが可能です。15時を過ぎると翌日扱いになるので注意してください。対して、仮想通貨の場合は、24時間即時反映が可能です。通貨ごとに「通貨アカウント」が必要となりますが、日本のプレイヤーは円に設定している人が多いと思います。ecopayz ブックメーカーの決済通貨はドルやユーロの場合もありますので、準備しておくと便利ですよ。

エコペイズ マスターカードで入金(イギリス+EU/EEAメンバー諸国で申請可)

エコペイズの新たなサービスとして、エコペイズマスターカードがあります。手持ちのエコペイズアカウントと連携させて簡単に入金が可能です。カード発行は無料ですが、配送料は10ポンド〜30ポンドと少々お高め。国によって細かな条件が異なるので、気になる方はエコペイズの公式ページを確認してみてください。

STEP2 エコペイズ ブックメーカー アカウントを作成する

次はブックメーカー選びです。せっかくなので、使い勝手を試してみたいですよね。お気に入りのブックメーカーがある程度決まっている人は、公式サイトで決済方法のページにアクセスし、お気に入りの決済が使えるのか確認しましょう。まだ決まっていないという人は、Betasticなら、ブックメーカー エコペイズで決済できるあなたにピッタリのサイトが簡単に見つかりますよ。ブックメーカーのアカウントを作成するときは、エコペイズで登録した情報と合っているのか確認してください。

STEP3 エコペイズ ブックメーカー 本人確認書類を提出する

ecopayz ブックメーカーでの出金に関わらず、ブックメーカーで出金するには、アカウント認証が必要です。アカウント認証は、マネーロンダリングや不正利用といったリスクからプレイヤーを守ってくれる大事なステップです。さらに、ブックメーカーの入金限度額や出金限度額を緩和してくれたり、いいこと尽くしですので早めに済ませておきましょう。アカウント認証には、本人確認書類と住所確認書類の提出が求められますが、安心してください。前述したシルバー会員へのアップグレードで使った書類がまるごと使えます! ecopayzがブックメーカーと相性がいいと言われる、ひとつの理由です。

STEP4 エコペイズ ブックメーカー 決済する

いよいよ、ブックメーカー エコペイズを使って入金しましょう。お気に入りのブックメーカーの公式サイトにログインし、アカウント情報から決済ページをクリック。決済方法の中から、ecopayzを選択すればOKです。決済方法の確認のため、決済先のアカウント情報の提出が求められる場合がありますが、登録は完了しているので心配ご無用。エコペイズからの出金は、日本国内の銀行に送金できます。

97/100
評価
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
$30 Free Bet
888 スポーツ ボーナス
$30 Free Bet
888 レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • フリーベットあり
  • ボーナスの種類が豊富
  • 珍しいスポーツの取り扱い有り
95/100
評価
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
7000¥
Bet365 スポーツ ボーナス
100% まで 7000¥
Bet365 レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • 新規登録ボーナスあり
  • オッズが高い
  • ライブストリーミングあり
93/100
評価
EcoPayz
MGA - Malta Gaming Authority
Gambola スポーツ ボーナス
Gambola レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • ボーナスあり
  • ライブベットあり
  • ライブストリーミングあり
91/100
評価
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
$100
William Hill スポーツ ボーナス
100% まで $100
William Hill レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • ウェルカムボーナスあり
  • 日本の種目にベット可能
  • オファーが多数
89/100
評価
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
まで
$20
NetBet スポーツ ボーナス
まで $20
NetBet レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • 入金不要ボーナスあり
  • ライブストリーミング対応
  • 簡単操作でベット可

早めって本当? エコペイズ ブックメーカー 入出金の時間

ecopayzひとつあれば入金もできて出金もできるので、もはやブックメーカーで勝ちたい人にとっては必需品となっています。でも、いくら便利だと言われても、「ブックメーカー エコペイズの決済にかかる時間はどれくらい?」「出金はスムーズ?」という疑問がありますね。ここからは使い勝手について、調べていきます。

エコペイズ 入金時間はどれくらい?

ブックメーカーへの入金時間は、どのくらい時間がかかるのでしょうか。まず、お使いの金融機関からエコペイズへの反映時間と、エコペイズ ブックメーカーへの反映時間の2つがありますので、それぞれについて説明していきましょう。エコペイズには、国内の金融機関からの「ローカル決済」と海外の金融機関からの「海外送金」があります。今回はローカル決済についてまとめていきます。

エコペイズへの入金

「モアタイムシステム」を導入しています。過去、銀行口座からデポジットをする際に、当日反映のための振込み時間が決まっていましたが、現在は24時間365日、500以上もの金融機関から即時で振込みが可能です。土日祝日でも、このスピードは変わりません。早ければ10分から30分という驚異のスピードを実現。遅くとも1から2時間くらいで、反映されるようになっています。国内のインターネットバンキング間での振込み反映とまったく変わらないスピードで対応できるのは嬉しいですね。

ブックメーカーへの入金

無事に準備ができたら、次はブックメーカーへの入金です。基本的には即時から最大で3日となっています。たとえば、ウィリアムヒル 入金 エコペイズ、ピナクル 入金 エコペイズは即時対応としています。

エコペイズ ブックメーカー 出金は早め?

ブックメーカー エコペイズを使って出金したい場合、ブックメーカーごとに課されている出金条件に従ってください。出金条件とは、20倍から80倍までの賭け条件をはじめ、最低・最高出金額といった限度額制限など、個々にさまざまな決まりがあります。出金手続きは簡単で、基本的には24時間以内に反映される即時対応となっています。また、ブックメーカーでは、入金方法と出金方法が同じでないと出金できないとしていますので、決済方法の選択は注意しましょう。

エコペイズからの出金

ブックメーカーから出金が確認できたら、いよいよ銀行口座への送金です。出金額は、5ユーロからとなります。出金には、2種類の方法があります。「海外送金」と、「高速現地出金」です。着金までの時間は、「海外送金」なら1週間、「高速現地出金」であれば3日以内となっています。日本国内の金融機関への出金であれば、「高速現地出金」を迷わず選択しましょう。

エコペイズ マスターカードで出金(イギリス+EU/EEAメンバー諸国で申請可)

このカードは自分のエコペイズのアカウントを連携させると、世界中のATMで現金引き出しができるという優れものです。現金の引き出し手数料は2.00%(最低手数料は1.5ユーロ)、賭博を含むキャッシュサービスは4.00%(最低手数料0.80ユーロ)です。お住いの国によって少し条件が異なるので、エコペイズの公式ページを確認しましょう。

助けて! 出金できない!

前述した、エコペイズ ブックメーカーを使いこなせるシルバー会員へのアップグレードができているのか、今一度確認しましょう。また、出金するためには、送金先の金融機関をアカウントに登録する必要がありますが、ここで注意が必要です。エコペイズからの出金は、登録名と同じ金融機関の口座しか登録できません。旧姓を使っている人、家族の口座を使用する予定の人は、登録名と同一名義の金融機関の口座を用意してください。

意外と簡単? エコペイズ ブックメーカー 本人確認

ブックメーカー エコペイズを使って一定額の入金をする場合や出金する場合に、事前に本人確認書類の提出が必要だと前述しました。事務手続きはできるだけ早めに対応して、プレイに集中したいもの。そもそも「なんで本人書類提出が必要なの?」「どんな書類が必要になるの?」といったよくある疑問を、解決します。

なぜ本人確認が必要なのか

なんだか面倒くさいなぁ・・・と思った人、気持ちはわかります。しかし、決して手間をかけて嫌がらせをしているわけではありません。本人確認書類はの提出は、ブックメーカーライセンスの規定に基づき義務付けられています。マネーロンダリングという言葉は聞いたことがありますか。脱税、麻薬取引といった犯罪で獲得した汚れたお金の経路をわからなくするために、送金を繰り返すといった資金洗浄の手口です。大金が動く、ブックメーカーに目をつける犯罪集団もいるかもしれません。また、中にはあなたを装って、不正にカードが利用されてしまうこともあるかもしれません。そのため、ブックメーカーでは本人確認書類の提出を義務付けています。

エコペイズ ブックメーカー どんな書類が必要なのか

ブックメーカーごとに必要となる書類が異なる場合はありますが、一般的には、本人確認書類、住所確認書類、決済確認書類といった3つの書類が必要です。

本人確認書類

パスポート、運転免許証、マイナンバーカード、外国人登録証など、顔写真、氏名、発行日、有効期限、生年月日が確認できるいずれかの公的証明書類が必要です。なお、学生証は認められていませんので注意しましょう。

住所確認書類

ブックメーカーのアカウント登録情報と同一の、住民票、公的料金の請求書、クレジットカードや金融機関の利用明細書といった、氏名・発行日・現住所が確認できる住所確認書類が必要です。注意が必要なのは、3ヶ月以内に発行された書類に限ります。

決済確認書類

決済確認のポイントは、ブックメーカーへの登録名義と、決済方法のアカウント名義が同一であるのかを証明する必要があります。そのため、エコペイズのアカウント番号と氏名、ページURLが確認できるスクリーンショットを用意しましょう。

アカウント認証の送付方法

よくトラブルとなるのが、実は証明書類の写真撮影です。四隅が欠けていたり、白黒だったり、曲がっていたり、文字がぼやけていると再提出となりますので、注意してください。

送付時は、ファイル形式をJPEG、BMP、PNGのいずれかに変換し、指定のフォームから送信しましょう。審査時間は、申請してからおよそ24時間から数日かかります。

エコペイズ ブックメーカー まさかのアカウント凍結?

もし本人確認書類の手続きをスルーしていると、規定額以上の入金や、出金ができなくなります。さらに、最悪なことは、不正利用者だと認識されてしまうことです。せっかく汗水たらして手にした勝利金がすべて水の泡・・・つまり、没収されます。そんな恐怖を味わうくらいなら、さっさと提出するに限ります。

電子決済サービスの先駆者? エコペイズ ブックメーカー

ブックメーカー エコペイズ決済が主流になったのはここ数年のことなので 、最近できた新しい決済方法だと思っている人も多いですが、実は、電子決済サービスの中では、歴史は古いです。詐欺は大丈夫? 不正利用はない? そんな心配がある人も、生い立ちを知ることで、安心して利用いただける決済方法だということがわかるはずです!

イギリス政府公認 電子決済サービスの誕生

運営しているIPS Solutions Ltd がイギリスに誕生したのは、2007年。2000年にイギリスで金融サービスに関わる法律が変わり、消費者の保護のために金融業務を担う金融行為機構(FCA)が発足したことがきっかけです。IPS Solutions Ltdは、FCAから認可を受けている企業であり、政府が認める正規の金融機関ということになります。2000年、「エコカード」というサービス名称でスタートし、2013年に正式にエコペイズとなりました。

賞に輝くセキュリティを実現

エコペイズ ブックメーカーが増えている理由は、セキュリティにあります。そもそも強みは、サービスの開発力です。事実、その眼を見張る進化に対して、サセックス・スーパー・グロース賞を受賞しています。2009年、金融機関としては先駆けて、世界初となるスマホ専用アプリケーションを誕生させ、365日24時間体制、多言語でサービスを提供することに成功します。また、セキュリティを強化するため、IDとパスワードに加え、二段階認証のPINコードを導入。詐欺では? という不安を解消する解決策を迅速に提供しています。

日本語サポートでもっと身近に

ぜひ、公式サイトにアクセスしてみてください。すべて日本語化されています。また、ライブチャットやメールサポートを通して、日本語で質問ができます。ブックメーカーの入出金が、スムーズに、スマートに管理できるため、ますます人気が高まっています。一点残念なのは、手数料が高めであること。しかし安全性や使い勝手に納得することができれば、さほど気にならなくなるはずです。

電子決済はどれがいい? エコペイズ ブックメーカー

ブックメーカーでは、クレジットカード、電子決済サービス、仮想通貨、銀行送金など、多種多様な決済方法が用意されています。そこで注目されているのが、電子決済サービスです。電子決済サービスが使えないブックメーカーはほとんどないと言っていいでしょう。中でも、ブックメーカー エコペイズが人気なのは、どうしてでしょうか。

ブックメーカーで使える、電子決済とは

まずはじめに、ブックメーカーで一般的に採用されている電子決済についてまとめます。中でも、エコペイズは、熾烈な競争化において、トップを独走しています。

一般的によく使われている電子決済

・エコペイズ(ecoPayz)

・アイウォレット(iWallet)

・ヴィーナスポイント(VenusPoint)

選ばれる理由は、一元管理

電子決済サービスは、入出金どちらにも対応しており、入出金にかかる時間も迅速です。ユーロ、ドルなど、さまざまな通貨が使われているブックメーカー業界においても、面倒な為替手続きが一切ないところが魅力です。何よりも、電子決済サービスが使えないブックメーカーはほとんどないと言っていいでしょう。複数のブックメーカーでプレイする人にとっては、本来は、各ブックメーカーごとに指定された決済方法を用意する必要がありますが、ブックメーカー エコペイズの採用率はトップクラス。1つのアカウントで、複数のブックメーカーの一元管理が可能になるという最大のメリットがあります。たとえば、bet365 入金をエコペイズで行い、勝利金を得て、出金したとします。そのままエコペイズのアカウントにキープしておき、今度はウィリアムヒル 入金 エコペイズで行うといったスマートな軍資金管理を実現することができるのです。

その他の決済方法との比較

ブックメーカーの決済方法として最も選ばれているのは、クレジットカード。ショッピング感覚でブックメーカーでプレイできる点が人気です。しかし残念ながら、出金に対応していない場合が大半です。では、日本では大変馴染みのある銀行送金はどうでしょう。こちらは入金に対応しておらず、出金がメインとなっています。また、日本の金融機関は海外取引に慎重であること、またギャンブル取引に対応していない金融機関もあり、着金には時間がかかることがあります。電子決済サービスと比較する場合に、よく出てくる仮想通貨。電子決済サービスと違って、仮想通貨はそのまま通貨として機能する点が異なります。とても便利な決済方法ですが、取り扱っているブックメーカーがまだ少ないため、数ではエコペイズにかないません。総合すると、エコペイズはバランスにいい決済方法だということがわかっていただけたでしょうか。

専門家も使ってる! エコペイズ ブックメーカー 

ここからは、ブックメーカー エコペイズが使える・おすすめブックメーカーについて、まとめていきます。どのブックメーカーに登録すればいいのか迷っている人や初心者は、必見です。いずれも、スポーツブック&オンラインカジノの両方が楽しめる、欲張りなプレイヤーに向いているブックメーカーです。

ウィリアムヒル

ブックメーカーファンなら名前を聞いたことがあるはず。イギリス発・ロンドン証券取引所の上場機企業ウィリアムヒルは、取り扱うスポートとベッティング種類が豊富です。サッカーだけでも、ベッティングは200種類に達します。プレミアムリーグ、チャピオンズリーズといった人気試合はもちろんのこと、2部・3部リーグ、辺境地域のリーグなど幅広い試合の取り扱いがあります。もちろん、Jリーグもベッティングできますよ。日本語サポートがあるのはもちろん、モバイルアプリケーションには定評があります。

ウィリアムヒル 入金 エコペイズ

ウィリアムヒルは、日本円に対応しています。最低入金額は1500円、最高入金額は100万円まで。出金は、750円以上、400万円まで可能です。ハイローラーも満足できる金額となっています。ウィリアムヒル側の手数料はありません。

チェリーカジノ

上昇企業が運営している、チェリーカジノ。日本語サイトは2017年からと後発ですが、レストランやクルーザーにおけるカジノ事業を複合的に展開している、50年以上の実績があるブックメーカー&オンラインカジノです。業界最大手のプロバイダーであるSBTechのプラットフォームを採用。洗練された一流ホテルのようなデザインのため、見やすいと感じる人も多いでしょう。キャッシュアウト機能はもちろんですが、複数の条件を組み合わせながらあなた独自のオッズを作る「ユアベット」機能や、倍率がアップしていく「パルスベット」機能が人気の秘密。日本語サポートの対応力に定評があります。

チェリーカジノ エコペイズ

最低入金額は10ドル、最高入金額は5000ドルまで。出金は、20ドル以上、10000ドルまで可能で、ハイローラーも満足できます。チェリーカジノ側の手数料はありません。入金反映時間は、即時対応です。

NetBet

2001年に創業したNetbet。日本進出は2014年とこちらも後発ではありますが、Jリーグや日本の野球など、日本のプレイヤーのための試合をしっかり揃えています。その他、人気の格闘技や競馬、グレイハウンドといったコアな熱狂的なファンがいるスポーツや、バーチャルスポーツなど、多種多様なベッティングが楽しめます。

NetBet エコペイズ

最低入金額は10ドル、最高入金額は無制限となっています。出金は、10ドル以上、10000ドルまで可能です。NetBet 側の入金手数料はありませんが、出金については、499.99ドルまで無料ですが、500ドルを超えると1.5%の手数料がかかります。出金反映時間は、24時間程度です。

エコペイズ ブックメーカー 手数料をおさえる裏技!

ここまでメリットについてお伝えしてきましたが、メリットがあればデメリットはつきものです。デメリットは手数料です。ブックメーカーへの入出金については、手数料が無料であることが多いですが、注意しなくてはいけないのは、エコペイズから金融機関に出金する時です。およそ6ドルから11ドルといった割高になっています。さらにアカウントを12ヶ月使用しなかった場合、月々1.68ドルの口座維持手数料が必要となります。ほとんどのブックメーカーで使える利便性や安全性、信頼性のために惜しくないと考えられるかはプレイヤー次第ですが、回避できるならありがたいですよね。

デメリットを回避する裏技とは?

エコペイズは、75種類の通貨に対応しており、複数の通貨でアカウントを作ることが可能です。日本円ももちろん登録できるので、日本のプレイヤーは日本円のみの口座を作っている人が大半ではないでしょうか。しかしながら、すべてのブックメーカーが日本円に対応しているわけではありません。そこで、一般的に使われているドルやユーロで口座を作っておくことをおすすめします。複数の通貨口座を使いこなすことで、為替手数料を取られずにすみます。通貨の追加は、「通貨アカウントの追加」で簡単に作ることが可能です。

エコペイズ ブックメーカーについてのFAQ

ブックメーカー エコペイズにまつわる疑問・質問をまとめました。登録を検討している人、初心者で迷っている人は、ぜひチェックしてみましょう。

🎯 エコペイズ ブックメーカー 初心者におすすめ?

サイトも日本語化、メールのみですが日本語サポートもあります。ブックメーカー エコペイズは初心者にとって最適な決済方法です。ブック メーカー 始め 方も合わせてチェック!

🎯 エコペイズ ブックメーカー モバイルで使える?

  ブックメーカー 稼げるを確認したら、いよいよ入金! ブックメーカー エコペイズの支払い管理は、モバイルでも可能です。専用アプリケーションは、サクサク操作できおすすめですよ!

🎯 エコペイズ ブックメーカー ボーナスは太っ腹?

高めのオッズで還元しているブックメーカー エコペイズはフリーベットなど、さまざまなボーナスが目白押し。操作性を確認するなら、入金不要ボーナスは必ずゲットしましょう。

まとめ ブックメーカーの必需品 エコペイズ ブックメーカー

ブックメーカー エコペイズでの決済についてまとめてきました。45の通貨に対応し、173カ国で使われており、bet365 エコペイズ 入金など世界トップクラスのブックメーカーがこぞって採用しています。これからブックメーカーをはじめるという初心者も、複数のブックメーカーを掛け持ちするハイローラーも、ひとつ口座を持っておくだけで、資金管理も安全で、一元化できます。不安があれば、日本語サボートがバックアップしてくれるので、ぜひ登録してみましょう。ただし、ブックメーカーで使うためには、アップグレードを忘れずに!

97/100
評価
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
$30 Free Bet
888 スポーツ ボーナス
$30 Free Bet
888 レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • フリーベットあり
  • ボーナスの種類が豊富
  • 珍しいスポーツの取り扱い有り
95/100
評価
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
7000¥
Bet365 スポーツ ボーナス
100% まで 7000¥
Bet365 レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • 新規登録ボーナスあり
  • オッズが高い
  • ライブストリーミングあり
93/100
評価
EcoPayz
MGA - Malta Gaming Authority
Gambola スポーツ ボーナス
Gambola レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • ボーナスあり
  • ライブベットあり
  • ライブストリーミングあり
91/100
評価
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
$100
William Hill スポーツ ボーナス
100% まで $100
William Hill レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • ウェルカムボーナスあり
  • 日本の種目にベット可能
  • オファーが多数
89/100
評価
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
まで
$20
NetBet スポーツ ボーナス
まで $20
NetBet レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • 入金不要ボーナスあり
  • ライブストリーミング対応
  • 簡単操作でベット可
上位オンラインカジノ
上位カジノボーナス
上位スポーツブックサイト
上位スポーツブックボーナス
トップへ移動
閉じる
×
ボーナスコード:
ボーナスオファーは既に別ウインドウに表示されています。もし表示されていない場合は下記のリンクをクリックしてください。
ゲームプロバイダーに行く