ブック メーカー 税金問題と会社にバレない確定申告方法

ブック メーカー 税金をふと意識するのは、スポーツベットに慣れ、ちょこちょこと利益をあげるようになって突然ポッと出するもの。年末になると確定申告の有無にも悩みますが、日本ではオンラインギャンブルで得た利益は納税対象になります。

ただし特別控除額が制定され、ベッターによって税金の支払いが不要な場合、経費拡大が認められるケースもあるので、ケースバイケースで納税額は異なります。ここでは控除額から注意点、認められる経費、確定申告計算例などを含めて気になる納税事情について解説します。また888やbet365などの安全度が高いオススメブクメも紹介していきますので、ベット初心者の方も中上級者の方もぜひ参考にしてみてください。

 

ブック メーカー 税金支払いがある国とそうでない場合

ブックメーカーとオンラインカジノ、両者異なる土俵の賭博ではありますが、実際オンラインギャンブルと括ることができるので、ブックメーカー、カジノ 税金制度が同条件で課されることになります。まずブックメーカーを含むオンラインギャンブルに対しての法整備は世界の国々で異なり、配当に対して無課税な国もあれば、課税される国もあり、日本は後者にあたります。

つまるところ日本に居住するブックメーカー、オンラインカジノ利用者は配当額によって決定されるブックメーカー 税金を納税する必要があるということです。ただ納税義務がある国でもその納税率や控除額など異なる為、各々の国の法規に則った納税に確定申告をする必要が出てきます。

 

ブックメーカーは目的に応じて2パターンで楽しめる!

ブックメーカーはスポーツ独自のスリルと共に、博打要素に運を試せる恰好の場になるわけですが、その利益を追うベッターは主に下記の2パターンに分かれます。

趣味、暇つぶしにピッタリ

ブックメーカー 確定申告などを頭に入れず、スポーツベットを新感覚のオンラインギャンブル、スポーツ観戦のちょっとしたスパイスにとトライする方が圧倒的に増えています。在宅時間が増えたことで、自宅でできるプチギャンブルとして人気急上昇。

 投資対象にも向いている!

ベッティングガイドを駆使して、スポーツベットを仮想通貨、先物取引と同様に一つの投機対象として捉える方もいます。まずベット対象へ興味に情熱を注げる、徹底した分析が苦にならないことが条件ですが、オッズ差、低倍オッズの連続ベットなどの戦略、手法を駆使すれば利益が見込めるということです。メンタルコントロール必須、ブックメーカー 税金の納税が煩雑になる点は否めませんが、専門知識がなくとも、TPOを問わず始められる比較的敷居の低い投資としてのメリットが注目されています。

 

ブック メーカー 税金支払い義務と確定申告の際の注意点

まず日本に居住しているスポーツベッターの方々のほとんどは、配当とした得られた払い戻し金に関しては、「一時所得」という臨時収入として見なされることになります。その例外としてはブックメーカー アービトラージなどの戦略を駆使し機械的なベットを行い、大きな利益を目的としたスポーツベット投資をする方や、スポーツベットを生業として食べている方です。この場合は、経費として認められる範疇が広くなりますが、どこまでが投資としてみなされるかを判断することは困難なので税理士からの助言が必須です。

ブックメーカー 税金支払いの場合、経費はどれ位まで認められ控除はどれくらいなのか?を正確に知ることがまずは大切になってきます。ここではそれらの詳細と共に、確定申告の際に悩まされる「会社にバレたらどうしよう?」の不安を払拭する方法を考察していきます。

 

経費として認められる金額は?

スポーツベットをする際に経費として認められるのは、あくまで的中して得られた配当金額のみ!(例外は上記のベット対象者。)つまり外れたベットに費やした費用は一切考慮されないということです。一年間で使った全費用を経費として計上できず、更に外れた賭け金も経費にならない点を知らないでベットしている方は非常に多く、実際年末になると「えっ!」と驚きの事実に戦々恐々とする方が続出。

簡単にまとめると200万を年間合わせてベットに費やし、上手くベットが的中したのが80万円、残念ながら外れてしまった120万円。この場合経費になるのは上記の公式に当てはめれば80万円のみ。ただし例外もある為、イマイチしっくり来ないという方はジタバタせずに税理士の元へ駆け込みアドバイスを貰うことがベストです。

50万円の控除額 

実際ブックメーカー 稼げると認識する程に利益を得ている方は少ないのが現状ですが、ここで忘れてはならない事に触れていきます。そう納税の際に何かと耳にする回数が多くなる税金の控除額というものですね。これはギャンブルや生命保険の一時金などにも適応されることは皆さんもご存知だと思いますが、ブックメーカー 税金計算をする場合はこの特別控除額が設定されていることを思い出してください。

この場合の特別控除は50万円であり、収益がその金額を越えた場合に始めて所得税がかかるのです。つまり50万以下の場合は税金が課されないということですね。なお50万を越えた場合は、(年間トータルの儲け-50万円)÷2で弾き出された数字が納税金額になってきます。

 

確定申告の仕方と会社バレを防ぐ方法とは?

ブック メーカー 税金についての確定申告、考えただけでも嫌になりそうですが、シンプルに考えてみると、年間を通じた総利益が50万円以内なら税金の支払いが不要!越えた場合のみに確定申告をする必要性が生じるということです。なおここでいう年間というのは1月~12月までの12カ月までの合算利益であり、2月16日~3月15日の間に確定申告を済ませる必要があります。

基本的に会社の源泉徴収票とブック メーカー 税金額が分かっていれば、国税局のWEBサイトで確定申告をセルフで行うことが可能です。自営業の方は所得を累計し控除額を計算して計上するだけなので、そこまで難易度が高い確定申告にはならないはずです。

ただしキャッシュアウトベッティングの仕組みを理解しオッズを組合せてベットしている上級会社員ベッターの方は会社バレを防ぐ為に考慮するべき点があります。副業がOKな会社は意外と少なく、ブックメーカーの利益を計上した上で確定申告をすると、翌年の住民税が増えてしまい、会社から住民税を天引きする際に会社バレしてしまう恐れが高まります。

その為、念には念をということで、住民税は天引きではなく自分で支払いをする「普通徴収」式をチョイスしてください。ただし会社によっては住民税は給与から天引きが基本というスタンスのところもあるので、その点は事前に調査が必要です。

 

確定申告の計算例 

ここで確定申告が必要な場合、不要な場合の例を簡潔にですが解説するので参考にしてみてください。

確定申告が必要なケース

年間の総利益が100万の場合は、(100万-控除額50万)÷2₌25万円となりますね。複数の収入源がある方は基本副業では20万以下は課税対象になりませんが、この場合はその額を越えているので確定申告が必要です。

 確定申告が不要なケース

一方年間の総利益が80万の場合は、(80万円-控除額50万円)÷2₌15万円は、課税対象額20万以内に収まっているので確定申告は不要になります。

 

安全安心のオススメブックメーカー特選3サイト!

利益を出す為にも、ブックメーカーは複数登録しオッズ比較をすることを推奨します。ここではブックメーカー 違法サイトではない安全度、実績が高いスポーツベットサイトを紹介していきます。

ウィリアムヒル

ウィリアムヒルは世界の有名スポーツクラブのスポンサーとして、上場企業としての安心感はベット種目にオッズの組合せ総数、そして人気に如実に反映されています。ストリーミング配信も充実し、フリーベットやキャンペーンの多さもベッターから高評価レビュー。

チェリーカジノ

業界でも老舗と呼ばれる長い実績を持つチェリーカジノはボーナスも豊富で、ウェルカムオファーもカジノサイトと共通でゲットOK!過度な装飾のないサイトが逆に見やすく初心者にも安心ですが、ストリーミング配信がないのが心残り。

 888

ヨーロッパで人気の888はスポーツだけでなく、カジノ、ポーカーサイトも定評のあるジブラルタル拠点のサイトです。日本語サポートがない点は残念ですが、マイナースポーツのベットも可能、ウェルカムボーナスも勿論ビックです!

 

ブック メーカー 税金についてのFAQ

🌟アカウント内の配当残高もブック メーカー 税金支払い対象?

 決済方法として銀行送金や電子決済で出金を処理していなくとも、アカウント内に儲けとしての配当がある場合は勿論課税対象になります。一年を通じた配当は出金の有無に関係なく、確定申告の対象になることをお忘れなく!

🌟ブック メーカー 税金を仮想通貨で払う場合の相場は?

 仮想通貨の相場は瞬時に変化しますが、基本的に税金支払いの場合は年末の時点でのレートを適応。仮想通貨対応の日本のブックメーカー利用の際の計上は、仮想通貨が反映された当時のものではないので要注意!

🌟電子決済の為替問題がありブックメーカー 税金詳細が不明!

 日本人ユーザーにとってエコペイズ、ヴィーナスポイントなどを経由した決済が必須ですが、仮想通貨同様に年末の時点での円換算になります。心配な方は一度税理士に相談することを推奨します。

 

まとめ

国によってオンラインギャンブルに関する法律、納税システムが異なりますが、日本ではブックメーカーの利益は一時所得と認識され課税対象になります。まず負けたベット額は経費対象外、特別控除額50万を頭に入れた上で確定申告の有無が必要かを考える、そして会社の副業スタンスも考慮に入れることが大切です。やはり面倒に思いますが、ナアナアにすると後々トラブルになるので、ブック メーカー 税金としっかり向き合い、分からない点は税理士に相談しましょう。

97/100
評価
PayPal
MGA - Malta Gaming Authority
$30 Free Bet
888 レビュー プロバイダーに行く
95/100
評価
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
7000¥
Bet365 レビュー プロバイダーに行く
93/100
評価
Paysafecard
MGA - Malta Gaming Authority
Gambola レビュー プロバイダーに行く
91/100
評価
PayPal
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
$100
William Hill レビュー プロバイダーに行く
89/100
評価
Paysafecard
MGA - Malta Gaming Authority
まで
$20
NetBet レビュー プロバイダーに行く
上位オンラインカジノ
上位カジノボーナス
上位スポーツブックサイト
上位スポーツブックボーナス
トップへ移動
閉じる
おすすめギャンブルサイト
×
ボーナスコード:
ボーナスオファーは既に別ウインドウに表示されています。もし表示されていない場合は下記のリンクをクリックしてください。
ゲームプロバイダーに行く